インプラント治療は可能? ― 総入れ歯を使用中の場合

部分入れ歯を使用していた場合のお口の状態

総入れ歯
▲総入れ歯

現在、1本も歯が無い状態(無歯顎)の方や、総入れ歯をお使いの方は、インプラント治療が受けられることがほとんどでしょう。
ただし、定期的に調整をしていない入れ歯を使用していると、歯を抜けたまま放置していた場合よりも顎の骨が痩せてしまうことがあります。顎の骨が痩せると、口元のしわやたるみが生じる原因になるだけでなく、「骨を増やす治療」が必要となる場合もあります。

また、インプラント治療は、顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め入れる外科手術が必要なため、健康状態に問題のある方は治療が難しいこともあります。詳しくは、担当の歯科医師と相談しましょう。

1本も歯が無い場合のインプラント治療

従来のインプラント治療
▲従来のインプラント治療

■ 従来のインプラント治療

失った歯の数ほどのインプラント(8〜10本)を埋め入れて、10〜12本の固定式の人工の歯を支える治療方法です。インプラントを埋め入れる本数が多いため、外科手術の範囲が大きくなり、身体の負担と費用がかかります。そのうえ骨の量が少なければ骨移植が必要となり、さらに費用と治療期間がかかるだけでなく、身体へも負担がかかる場合があります。

■ All-on-4

All-on-4を利用した治療
▲All-on-4を利用した治療
4本のインプラントをバランスよく埋め入れることで、10〜12本の人工歯を支えることができる治療法です。インプラントを埋め入れる手術をした日に、人工の歯(または仮歯)を接続できるため、早期に見た目を補うことができ、さらに軽い食事や会話をすることも可能です。

骨の量が残っていることが多い「前方の顎の骨」にインプラントを埋める術式のため、骨移植をせずに治療できる可能性が高く、外科手術による身体への負担と、費用を軽減することができます。ただし、All-on-4治療は、お口やお身体の状態によって、治療を受けられる方が限られてしまいます。

総入れ歯からインプラントへ

メリット

「入れ歯」や「歯が無い状態」では噛みきることが難しい食品も、インプラント治療後にはストレスなく食べられるようになり、食事のスピードがあがって食生活をより楽しむことができます。しっかりと噛めることは、胃や腸などへの負担が少なくなり、全身の健康維持にも役立つなど、多くのメリットがあります。

デメリット

インプラント治療は健康保険が適用されず、全額自己負担の治療となりますので、費用の負担が大きくなります。また、治療期間は長期間(3〜6ヶ月)に及び、治療後には総入れ歯と同様に、1年に2〜3回の定期検診に通うことが必要となってきます。




治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材