インプラント治療の指定研修施設

自分が通っている歯科医院が、「インプラント治療の研修施設に指定」されているということを見たり聞いたりしたことはありませんか?見ての通り、ドクターを指導する施設として認定されているわけですが、この研修施設は、どの歯科医院でも認められるわけではありません。

どのような施設が研修施設として認められ、どのような研修を行っているかなどについてご紹介します。

インプラント指定研修施設とは

インプラント専門医を取得するためには

インプラント指定研修施設とは、公益社団法人日本口腔インプラント学会(以下、本会)によって定められた一定の条件を満たした施設で、インプラント治療の発展と向上を目的とした研究や研修が行われています。本会が設ける資格認定制度の「インプラント専門医」を取得するためには、この施設に5年以上の在籍が必須となっており、広い知識や高い技術を有する歯科医師を養成しています。

【公益社団法人日本口腔インプラント学会とは?】
インプラント治療に関する研究発表・知識の交換・会員同士や各医歯学系学会との連携協力等を行うことにより、インプラント治療の発展と向上を目的としている団体です。また、国民の福祉に貢献することも目的としており、定期的に市民フォーラムなどを開いて社会への理解と普及を図っています。会員対象は、主に歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連学校生で、年会費を納入すれば入会することができます。

研修施設の条件

本会より指定されている研修施設の条件は以下の通りです。

  1. 1. 研修施設に口腔インプラント指導医※1が在籍していること
  2. 2. 歯科医師研修医制度における指導歯科医※2が在籍していること
  3. 3. 本会の定めるカリキュラムに基づき、認められた指導者によって定期的に講習が行われていること
  4. 4. 研修が実施できる設備を有していること

※1)口腔インプラント指導医とは…
本会が設ける資格認定制度で、一定の条件を満たしたものが取得することができます。主にインプラント専門医や研修施設に所属する歯科医師の指導にあたることができます。

※2)指導歯科医とは…
厚生労働省が設ける資格認定制度で、一定の条件を満たしたものが取得するとことができます。主に研修歯科医の指導にあたることができます。

研修施設は、大学病院だけではなく、一般の歯科診療所でも認められています。研修施設に認定された後も、5年毎に更新申請が必要とされており、インプラント治療の知識や技術の向上に貢献し続けることが必要です。

インプラント指定研修施設に在籍している歯科医師は、インプラント治療の標準的な診断や治療方法の選択、適切な処置が行えることを見極める一定の水準となるでしょう。しかし、技術力を評価するものではありません。




治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材