この先抜歯するかもしれない人へ!差し歯とインプラントの違いとは

差し歯・インプラントそれぞれどんなときに適用できるのかを知ろう!

差し歯と聞いて何を思い浮かべますか?差し歯は、虫歯が歯の根っこまで進行してしまった!しかし、歯の根っこはまだ残せる(使える)というときにする被せ物のことです。

一方インプラントは歯の根っこを残すことが困難なほど虫歯が進行していて抜歯した場合や、歯周病で歯が抜けてしまったなどの、歯そのものがない場合に適用できる治療です。

差し歯はどんな構造?

差し歯はどんな構造?

虫歯が進行して、歯の神経まで到達すると虫歯の範囲が大きい分、多く歯質を削らないといけなくなります。さらに、虫歯菌が到達した神経も取り除く治療が必要になってきます。少し削る程度ならば、被せ物をして終了しますが、多くの歯質を削り、神経を取り除いたままでは安定させて歯(クラウン)を被せることができません。

そのため、神経があった場所へコアと呼ばれる棒のようなものを差し込んで土台を作り、その上から被せ物をします。上の図のように神経があったところへ土台となるコアが差し込まれるために、差し歯と呼ばれるようになりました

インプラントはどんな構造?

インプラントはどんな構造?

インプラント治療は、歯が無い場所にインプラント身体(チタン製のネジのようなもの)を歯の根っこの代わりに顎骨へ埋め入れします。顎骨としっかり定着するのを待ち、定着したら上から被せ物を被せます。顎骨にインプラント体が定着するまでに上顎で約4〜6ヵ月、下顎で約2〜4ヵ月程度かかります。
インプラントは周りの歯に負担をかけずに治療できるので、天然の歯により近い歯としての長所があります。しかし一部を除き自費での診療となるために、高額になってしまいます。

差し歯の治療の流れ

(1)初診・カウンセリング
(2)診断や検査
(3)根管の治療(3〜4回程度の通院)
(4)コアの制作・型どり
(5)仮歯の装着
(6)被せ物(上部構造)の取り付け・噛み合わせ調整

被せ物を作る前に虫歯の浸食により痛んでしまった、または死んでしまった神経の治療を行います。神経を除去し、歯根の先端へ滅菌作用のある薬を詰めて無菌の状態にします。神経の状態や除去する神経の本数により複数回に分けて治療していくので、治療期間は個人差があります。
神経を除去する治療が終わった後、コアと呼ばれる人工の土台を作り、型どりをします。型どり後は被せ物ができるまでの間、仮歯をして過ごします。被せ物が完成したら、噛み合わせの調整を行い終了です。この際に合わない場合は技工士が作り直しや再調整などをする場合が発生することもあります。治療期間は目安として1〜2ヵ月程度です。

差し歯の治療の流れ

(1)初診・カウンセリング
(2)診断や検査
(3)インプラント体の埋め入れ(外科手術)
(4)仮歯の取り付け
(5)被せ物(上部構造)の取り付け

定期メインテナンス

インプラントの治療の流れは、少なくとも6〜7回の通院が必要です(定期検診を除く)。インプラントは健康な身体でなければ治療を進めるのが難しいため、(2)の診断や検査で全身や口腔内での異常が見つかった場合は、別途治療で完治させてから次のステップへ進む流れになります。そのため、個人により期間が延びてしまう場合があります。
(3)の外科手術後、インプラント体が骨に結合するまでに時間がかかるので、治療期間は目安として半年程度です。

また、インプラントは上部構造を取り付けたら治療は終了ですが、歯科医院へ定期的なメインテナンスが重要となってきます。インプラントが緩んでいないか?炎症が起こっていないか?など定期的にチェックすることでトラブルを防ぎます。

骨に結合するまでの期間は?

骨に結合するまでの期間は?

骨にしっかり結合するまで、一定の期間が必要です。術後すぐは傷口が安定しないため、刺激物や硬いものを食べるのを避けましょう。傷口が治癒したら仮歯を装着するので、食事は普段通りのものを食べられます。しかし喫煙者はタバコを控えたほうがよいでしょう。


タグ:
治療法比較差し歯

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材