骨結合記事一覧 (4記事)

インプラントと骨結合のメカニズム

健康な歯は、骨(歯槽骨)と歯根が結びついているため、通常は取れたり落ちたりしません。歯根は普段は、歯肉の中にあるため目に見えませんが、目に「歯」として見えている部分(歯冠)よりも、...

続きを読む ≫

インプラントにチタンが使われるワケ

なぜインプラントはチタンでできているの?▲スクリュー型インプラントインプラントの材料歯科用インプラントとは人工の歯根を骨の中へ埋め込み、その上へ歯を作る治療を指します。一世代前のイ...

続きを読む ≫

インプラントと骨はどのように結合しているのか?

インプラントのはじまりスウェーデンの学者ペル・イングヴァール・ブローネマルク教授によって、純チタンと骨の組織がよく結合することが発見されました。ブローネマルク教授(1929-201...

続きを読む ≫

オッセオインテグレーション

酸化膜と骨との接触面には、ひとつだけではなく、いくつかの力が働いています。その力が生体の分子を酸化膜へと結合させ、骨結合へとつながっていきます。ちょっと難しいですが、それぞれの力を...

続きを読む ≫



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材