インプラント治療の長期経過に注意が必要な体の状態

インプラント周囲炎が発生するリスクを高めるような全身状態は要注意です。そのような場合、通常よりも徹底したプラークコントロールと注意深いメンテナンスが重要になります。

具体的には、
  • 治療中の糖尿病、または既往がある場合
  • 喫煙習慣のある場合
  • 急速破壊性歯周炎(襲撃性歯周炎)、もしくは重度の歯周炎の既往がある場合
などがあります。
さらに詳しいページへ・・・・・・・インプラント治療説明「糖尿病とインプラント」
さらに詳しいページへ・・・インプラント治療説明「インプラントと喫煙」



タグ:

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材