18年間入れ歯を使用していた患者様の症例

58歳 女性

治療前の口腔内写真
▲治療前の口腔内写真
治療前のレントゲン写真
▲治療前のレントゲン写真
当院で作成した入れ歯を18年間使用してきましたが、入れ歯を使用することが難しくなってきたため、インプラント治療に踏み切った患者様の症例です。

長年入れ歯を使用していたことで、歯を支えるあごの骨が痩せ、サイナス(上顎洞)が歯まで広がってきているのがレントゲン写真でもわかります。このままではインプラントを埋め入れることができませんので、まずは、サイナスを傷つけないための処置として、あごの骨を増やす「サイナスリフト」と歯周組織を回復させる「GBR」を行いました。

BEFORE 治療前の口腔内の状態
右正面
右正面
? 上のあご
上のあご
左正面
左正面
? 下のあご
下のあご
STEP1 サイナスリフトによる上の顎の骨を増やす治療
治療前の右のサイナス
治療前の右のサイナス
治療直後
治療直後
6ヵ月半後
6ヵ月半後
治療前の左のサイナス
治療前の左のサイナス
治療直後
治療直後
6ヵ月半後
6ヵ月半後
サイナスを挙げて、その間に人工の骨を入れることで、インプラントを埋め入れるだけの骨を確保します。3ヶ月後、6ヶ月半後とレントゲン撮影を行い、骨が結合していることを確認しました。
STEP2 シミュレーションソフトを使用した治療計画
シミュレーションをしたレントゲン写真
シミュレーションソフトを使用して、サイナスを傷つけないような治療計画を立てていきます。埋め入れる位置を決定したら、手術時にその適切な位置を誘導する役割を果たす「サージカルガイド(下記)」を製作します。
サージカルガイド
STEP3 インプラントを埋め入れる手術
インプラントを埋め入れた後のレントゲン写真
残っている下の歯は、前歯6本がまだ使用できるためそのまま残しました。上の歯4本は保存できる状態ではありませんでしたので、抜歯を行いました。サージカルガイドを使用して、歯茎に穴を開け、インプラントを埋め入れます。最後に人工の歯を被せて治療が終了です。
AFTER
治療前正面
治 療 前 正 面
治療後正面
治 療 後 正 面
治療前上あご
治 療 前 上 あ ご
治療後上あご
治 療 後 上 あ ご
治療前下あご
治 療 前 下 あ ご
治療後下あご
治 療 後 下 あ ご
治療前は、あごの骨が痩せ、入れ歯が満足に使用できない状態でした。 定期的にメインテナンスに通い、よい状態を保っています。
※治療結果には、患者様によって個人差があります。
医療法人 加来歯科
資料提供
医療法人 加来歯科
院長 : 加来 敏男
>> 医院紹介ページへ


タグ:
入れ歯GBRサイナスリフト

治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材