広がるインプラント治療の選択肢

すべての歯を失ったら?

「歯をすべて失った方」や、「残っている歯をすべて残すことが難しい方」がインプラント治療を行う場合、下記のインプラント治療方法があります。また、インプラント治療は、健康保険適応外ですので、全額自己負担(自由診療)となります。

それぞれの治療費用の相場も参考にしてみてください。

従来のインプラント治療
従来のインプラント治療

失った歯の数ほどのインプラント(8〜10本)を埋め込み、10〜12本の連結した人工歯を支える方法

費用例…約2,800,000〜4,000,000円
1本あたり250,000円のインプラントを8本埋め込み、1本あたり100,000円の人工歯を12本製作した場合の値段は3,200,000円となります。

オーバーデンチャー治療
オーバーデンチャー治療

2〜4本のインプラント(お口の状態によって異なる)を埋め込み、プラスチックで作製した取り外し式の総入れ歯を安定させる方法

費用例…約700,000〜1,500,000円
1本あたり250,000円のインプラントを4本埋め込み、1本あたり50,000円の入れ歯を安定させるアタッチメントを4つ取り付け(磁石等いくつか種類あり)、250,000円の入れ歯を製作した値段は1,450,000円となります。

All-on-4治療
All-on-4治療

4〜6本のインプラントを埋め込み、最大12本の固連結した人工歯を支える方法

費用例…約1,800,000〜2,400,000円
1本あたり250,000円のインプラントを4本埋め込み、1本あたり100,000円の人工歯を12本製作した場合の値段は2,200,000円となります。

※費用例の値段はあくまでもインプラントを埋め込んだ本数と装着する人工歯にかかる金額です。この他に、検査・診断料、インプラント手術料、骨造成や静脈内鎮静法などのオプション費用、メンテナンス料がかかります。また、人工歯、入れ歯に使用する素材によって費用が変わります。

全部でどれくらいの金額になるのかはお口の状態、希望する治療内容、使用する素材によって大きく違ってきます。

インプラント治療にかかる料金や表記の仕方も歯科医院によって異なります。料金の内訳や治療内容が分かりにくい場合はカウンセリングを受けた際、詳しく説明してもらい事前に確認するとよいでしょう。

■ 従来の治療

従来のインプラント治療は、埋め込む本数が多いために費用がかかります。また、外科手術の範囲が大きくなるためお身体への負担も大きく、患者様にとってこれらが支障となり、治療を断念せざるを得ないこともありました。

■ オーバーデンチャー治療

オーバーデンチャー治療は、インプラントを埋め込む本数が少なく済むため、費用を抑えることができます。また、着脱式で清掃の手入れがしやすいというメリットがありますが、着脱することに抵抗がある方には受け入れにくい治療方法です。

■ All-on-4治療

近年になって、All-on-4[オールオンフォー]治療が開発され、すべて歯を失った場合の治療の選択肢がさらに増えました。All-on-4治療は、従来のインプラント治療よりも、インプラントを埋め込む本数が4〜6本と少なく済むため、身体にかかる負担と費用を抑えることができます。

また、奥歯の顎の骨に比べて、顎の骨が残っていることが多い「前方の顎」にインプラントを埋め込むため、奥歯の顎の骨が足りない場合に行う 骨移植(ボーングラフト) をせずに治療できる可能性があります。

All-on-4治療を行う歯科医院は限られます

All-on-4治療を行う歯科医院は限られます

All-on-4治療は、一部の歯科医院でしか行われていません。かかりつけの歯科医院が、インプラント治療またはAll-on-4治療を行っていなくても、信頼のおける歯科医師を紹介されることもあるので、一度ご相談されることをお勧めします。AC

なお、お口やお身体の状態によっては、治療が受けられないこともあります。

定期検診は忘れずに

インプラント治療後は1年に2〜3回の定期検診を要します。定期検診を受けることで、インプラントが長期的に安定した状態で使い続けられるとされています。治療にかかる費用だけではなく、治療後に受けるメンテナンスの費用についても確認し、治療を検討しましょう。

なお、お口全体のメンテナンスを30分〜1時間行った場合の費用の相場は、約3,000〜10,000円です。



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材