骨結合型インプラントの臨床実績

骨結合型インプラントとは?

骨の中に金属などを埋め込むことを総称してインプラントと呼びます。
材料として金、サファイア、鉄、ステンレス、アルミニウムなど多様な素材が使われてきましたが、どれも良好な結果が得られずに淘汰されていきました。

しかし、1965年にスウェーデンの学者のブローネマルク教授が開発したチタン製のインプラントが驚くべき成果をあげました。最初に治療を受けた患者さんは現在も安定した状態で使われています。10年以上に渡って、機能しているインプラントは96%以上であり、症例としては98.5%です。

この生存率の高さは、チタンが骨と結合するという特質をもっていたからで、この特質により、インプラントは「骨結合型インプラント」へと移行していきました。

どうして人間の身体にとって異物である人工材料を使っているのに、チタン製のインプラントは身体に受け入れられ自分の歯のような感覚で使えるようになるのでしょうか?
それは人工歯根がただ単に骨に埋められているだけでなく、あごの骨と直接結合して、まるで生きている骨として取り込まれたように安定した状態になるためです。

インプラント治療の成功率は残念ながら100%ではありません。部位によっても異なりますが、成功率はおよそ97%だと言われています。失敗というのは骨と結合しないという事です。これは人間の身体がもつ生体的防衛反応、つまり拒絶反応によるものだと考えられます。人間の身体には異物が体内に侵入した場合に、それを外に排せつしようという働きがあります。

インプラントも例外ではありません。身体がインプラントを異物だと判断すれば、骨と結合しないのです。では、異物だと判断させない為にはどうすればよいのでしょうか。それは、無菌的に処置をするということです。
具体的には無菌室に近い手術を使用することや、使い捨ての器具を使用することなどです。

国内でのインプラント治療の増加

1991年からインプラント治療を始めて28年が経ちました。
下記、症例データを提供いただいている歯科医院では、長い期間に渡ってインプラント治療に取り組んできたかが、ご理解いただけるかと思います。
その結果、年々知見が溜まってきていますので、難症例なども対応する機会が増えています。

国内でも骨結合型インプラントが知られるようになった1996年頃から、歯を失った部分の治療の選択肢としてインプラントを選択する患者さんが増えてきました。

92
93
94
95
96
97
98
99
00
本数
10
38
118
119
464
974
964
1,097
1,225

01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
本数
1,322
1,415
1,555
1,602
2,010
2,172
2,320
2,232
2,073
2,152

11
12
13
14
15
16
17
18
本数
1,827
1,544
1,210
1,139
1,165
1,269
1,295
1,165

※症例数とは手術回数のことを意味します。

numbers of implants and cases

インプラント治療の成功率データ

下のデータは、同じく国内のインプラント治療を行う歯科医院での成功率のデータです。
顎の骨が比較的軟らかく、骨がやせやすい上顎でも96.3%と高い成功率でインプラントが骨と結合しています。

 
成功率
Survival Rate
インプラント埋入本数
Number of Implants
成功本数
Survival Implants
経過不良の本数
Removed Implants
全顎
Whole jaw
97.2%
34,476本
33,511本
965本
上顎
Maxilla
96.3%
18,962本
18,261本
701本
下顎
Mandible
98.4%
15,514本
15,266本
248本
成功率

難症例や即時負荷インプラントの場合、初期固定が成功しない場合もございます。
※成功率や失敗率は各医院によって算出方法が異なります。

 width=
資料提供
大阪インプラント
代表:岡田隆夫先生
>> 医院紹介ページへ


治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材