インプラント治療の概要・治療の流れ

インプラント治療とは何か、どういった治療内容なのか、インプラント治療の基本的な知識についてご紹介します。また、インプラント治療の流れについてもご説明します。インプラント治療についてよくある質問もお答えしていますので、参考にしてみてください。

更新日:2021/12/02

インプラント治療の概要・治療の流れ

■目次

  1. 歯を失ってお悩みの方へ
  2. インプラント治療の順序
  3. 失った歯の本数別の治療
  4. 歯を1本失った場合
  5. 歯を何本か失った場合
  6. 歯をすべて失った場合
  7. Q.A

歯を失ってお悩みの方へ

 アストラテックインプラント

人は永久歯を失うと残念ながら歯は二度と生えてきません。
そのため、今までは「入れ歯」や「ブリッジ」という残っているほかの歯に負担のかかる治療方法しかありませんでした。
「入れ歯」だと固いものが噛めない、発音しにくい、長く使っている間に合わなくなってガタついてきたり痛みが出る、といったことがあります。
「ブリッジ」の場合は失った歯の両隣の歯を削って土台にし、噛んだ時の力の負担を両隣の歯で補うというデメリットがあります。
このように歯を失ってお悩みの方に『インプラント治療』がおすすめです。


インプラント治療とは
インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の代わりに、インプラント体(人工歯根)を顎の骨に埋め込み、上部に人工歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。
インプラント治療では、自分の歯に近い噛み心地を得ることも可能です。

アストラテックインプラント
アストラテックインプラントは世界的な製薬、医療器具メーカーであるアストラゼネカ社の当時のグループ企業、アストラテック社(現デンツプライシロナ)によって開発された生体親和性に優れ、長期間安定して使用できる素材である純チタンを用いた歯科用インプラントです。
1985年から開発に取り組み、現在その研究開発力と長期安定性は世界中で高い評価を得ています。

インプラント治療の順序

1、精密検査、診断と治療計画
インプラント治療に必要な精密検査を行い、インプラント治療が可能かどうかを診断した後、治療計画を立てます。リスクや治療期間など歯科医師から説明を受けます。


2、フィクスチャー埋入の手術
歯の根に相当するインプラント体(フィクスチャー)を顎の骨に埋入する手術を行ないます。
埋入前に必要があれば周りの歯の清掃も行います。

3、治癒期間
顎の骨とインプラント体がしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。(3~6ヵ月程度)
※治癒期間は骨の質などにより個人差があります。
※この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。

4、アバットメントの連結
人工歯とフィクスチャーを連結する部品(アバットメント)をフィクスチャーに接続します。
※この時、簡単な手術を行う場合もあります。

5、人工歯の装着
アバットメントを含めたお口の中全体の型取りを行ないます。
その型に従って人工歯を作製します。人工歯が完成したら、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。

6、メンテナンス
口腔内の状況にもよりますが、年に2~3回を目安に定期検診を受けインプラントのチェックやクリーニングを受けます。
歯科医師や歯科衛生士の指導に従い、丁寧な歯みがきを心がけてください。

失った歯の本数別の治療

歯を1本失った場合

歯を1本失った場合

歯を失った部分にインプラントを1本埋入します。従来は、健全な両隣りの歯を削ってブリッジを用いて治療、あるいは前後の歯にバネを欠ける部分入れ歯によって治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく、治療を行うことが出来ます。
また、1番奥の歯を失った場合もインプラントで補うことが可能です。

歯を何本か失った場合

歯を何本か失った場合

従来は部分的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。
埋入するインプラントの本数は失った歯の本数より少なくできる可能性もあります。

歯をすべて失った場合

歯をすべて失った場合

従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。インプラント治療であれば食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。
また、All-on-4(オールオンフォー)やAll-on-6(オールオンシックス)など、失った歯の本数の半分以下のインプラントを埋め込み、その上に入れ歯を被せる治療が可能な場合があります。

Q.A

Q:誰でも治療は受けられますか?
A:年齢的に顎の骨が完成する20歳前後から、健康な方であれば基本的に誰でも治療を受ける事が出来ます。
ただし、全身疾患のある方、妊娠中の方、顎の骨の厚みが薄い方はインプラント治療を受けられない場合がありますので、歯科医師にご相談下さい。

Q:手術の際に入院が必要ですか?
A:基本的には入院の必要はありません。
但し、特殊な症例の場合や、全身疾患を有する患者さんの場合には入院して手術を行なうこともあります。

Q:治療期間はどのくらいかかるのですか?
A:インプラントを埋入した部位や個人によって差がありますが、4ヵ月から7ヵ月程度の治療期間が必要となります。

Q:インプラントはどのくらいもちますか?
A:患者さんのお口の中の衛生管理に大きく関係してきますので、お口の衛生状態が悪いと寿命が短くなる場合もあります。
インプラントを埋入してから10~15年経過後に約90%のインプラントが使用できているという報告もあります。
常に衛生状態を良好に保ち、担当歯科医師や衛生士の指導に従っていただくことが大切です。喫煙者の方は禁煙を強くお勧めします。

Q:治療費用はどのくらいかかりますか?
A:インプラント治療は基本的には公的医療保険が適用されません。お値段の目安ですが、1本40~50万円程度です。
埋入するインプラントの本数や治療を行う歯科医院によって異なりますので、詳しくは治療を希望する歯科医院にご相談ください。

記事監修

歯科医師 古川雄亮 先生

歯科医師 古川雄亮 先生
国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Natureに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。

あわせて読みたい記事

メディア運用会社について

メディカルネット

株式会社メディカルネット(東証グロース上場)は、より良い歯科医療環境の実現を目指し、インターネットを活用したサービスの提供にとどまらず、歯科医療を取り巻く全ての需要に対して課題解決を行っています。

当サイト「インプラントネット」を通して生活者に有益な医療情報を歯科治療の「理解」と「普及」をテーマに、自分に最適な歯科医院についての情報や、歯の基礎知識、インプラントなどの専門治療の説明など、生活者にとって有益な情報の提供を目指しています。

インプラント歯科医院を探すなら「インプラントネット」

インプラント治療を行なっている歯科医院を、全国から簡単に検索できます。お近くのインプラント歯科医院をお探しの場合にもぜひご活用ください。

記事カテゴリ

①治療前にチェックしたい!インプラントの基礎知識

②安心してインプラント治療を進めるために

③インプラントとお金に関すること

④いろいろなインプラントの治療法

⑤インプラントの種類について

⑥インプラントと骨の関係性

⑧インプラントを長持ちさせるためのケア・メンテナンス

⑨インプラント治療に関わる専門家

記事監修

歯科医師 古川雄亮 先生
国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Natureに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。