即時加重インプラント法の症例による解説

歯科インプラントに関する治療説明『即時加重インプラント法の症例による解説』についてご紹介します。歯を失ってお困りの方、入れ歯・ブリッジが合わない方は是非ご覧下さい。

更新日:2019/09/26

■目次

  1. 即時加重インプラント法とは?
  2. 即時加重インプラント法の流れ
  3. STEP1
  4. STEP2
  5. STEP3
  6. STEP4
  7. STEP5
  8. STEP6
  9. STEP7
  10. STEP8
  11. STEP9

即時加重インプラント法とは?

この方法の特徴は、インプラントの手術開始から2時間後には、インプラントを支えとした仮の歯が入ることです。例えば、下顎に1本も歯が無い方を従来の方法でインプラントを行った場合、インプラント手術後から、取り外しの総入れ歯を仮の歯として使い、インプラントを支えとした歯が入るまで4ヶ月程度は待たねばなりませんでした。そのため、入れ歯がいやでインプラントにするのに、しばらく入れ歯の生活が続いてしまいます。しかし、ドリルガイドを用いたシミュレーションシステムによる即時加重インプラント法では、手術の2時間後には、インプラントを支えとした仮の歯が入ります。

ただし、インプラントを埋入する骨の状態など、即時加重インプラント法を用いることのできる症例は限られます。また、通常のインプラント埋入手術に比べて、インプラントの種類、手術に使用する道具の選び方も重要であり、歯科医師の高度な手術のテクニックが要求される術式になります。

即時加重インプラント法の流れ

STEP1

STEP1

上顎にも下顎にも1本も歯が無く、上下に総入れ歯を使っていた方です。今回は、下顎の総入れ歯をやめてインプラントにしたいという希望でした。






STEP2

CTスキャン

まず、CTスキャンであごの状態を撮影します。






STEP3

3D画像

CTスキャンのデータを3D画像に変換しコンピュータ上でインプラントの計画を立てます。骨の形や厚み、骨の硬さ、硬い骨と柔らかい骨の割合、相手の歯との方向性などに注意を配り、慎重に計画して行きます。




STEP4

バランス良く植立する計画

インプラント同士の方向性にも注意して、バランス良く植立する計画を立てます。





STEP5

ドリルガイド

計画が決まったら、ドリルガイドをコンピュータ上で設計します。ドリルガイドを使うことで計画と同じ位置に骨に穴を開けて行くことができます。





STEP6

実際のドリルガイド

これが、実際のドリルガイドです。これが、バーチャルと現実を繋ぐ鍵になるわけです。




STEP7

仮の歯

ドリルガイドを使用して、まず模型を作ります。その模型で仮の歯を手術前にあらかじめ作っておきます。これで手術の準備は完了です。




STEP8

インプラントが入った後のレントゲン

いよいよ手術当日です。
まず、ドリルガイドを使用して、計画通りの位置に正確にインプラントを植立していきます。写真は、インプラントが入った後のレントゲンです。






STEP9

仮の歯の装着

仮の歯の装着です。あらかじめ作っておいた仮の歯をインプラントの上にネジ止めします。これで1日の治療は全て終了です。
数ヵ月後、最終的な新しい歯に作り変え、見た目を綺麗に整えます。










記事提供

あわせて読みたい記事

メディア運用会社について

メディカルネット

株式会社メディカルネット(東証グロース上場)は、より良い歯科医療環境の実現を目指し、インターネットを活用したサービスの提供にとどまらず、歯科医療を取り巻く全ての需要に対して課題解決を行っています。

当サイト「インプラントネット」を通して生活者に有益な医療情報を歯科治療の「理解」と「普及」をテーマに、自分に最適な歯科医院についての情報や、歯の基礎知識、インプラントなどの専門治療の説明など、生活者にとって有益な情報の提供を目指しています。

インプラント歯科医院を探すなら「インプラントネット」

インプラント治療を行なっている歯科医院を、全国から簡単に検索できます。お近くのインプラント歯科医院をお探しの場合にもぜひご活用ください。

記事カテゴリ

①治療前にチェックしたい!インプラントの基礎知識

②安心してインプラント治療を進めるために

③インプラントとお金に関すること

④いろいろなインプラントの治療法

⑤インプラントの種類について

⑥インプラントと骨の関係性

⑧インプラントを長持ちさせるためのケア・メンテナンス

⑨インプラント治療に関わる専門家

記事監修

歯科医師 古川雄亮 先生
国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Natureに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。