歯の大切さ。一度失った歯は二度と生えてきません。

歯は失うと2度と自分の歯は生えてきません。歯を失ってしまったらインプラント治療という人工歯根を利用した治療法があります。しかし、歯を失う前に、自分の歯の大切な理由を知って、大事にメンテナンスしましょう。

更新日:2019/09/30

■目次

  1. 歯の大切さ
  2. かみ合わせについて

歯の大切さ

歯科で使われるインプラント。言葉は聞いたことがあるという人も多いでしょう。
日本語でいうと人工歯根(じんこうしこん)といいます。
これだけ聞いても何のことかイメージがわかないと思います。

インプラントは自分の歯の代わりになる。


とりあえずそれだけを覚えておいてください。
実際どんな風に歯の代わりになっているのかを説明する前に、
まずは歯について少しお話しましょう。

歯には根っこがある
一般的に歯というとハミガキをしている部分を指しますが、実際には歯には根っこの様なものが生えています。この根っこの部分が歯茎の下にある骨に埋まり、ものを咬んだりしても歯がぐらつかないようになっているのです。ちょうど木が根を張るイメージです。

歯があることの大切さ
丈夫に根が張っているはずの歯。しかし様々な原因により、歯が抜けてしまうことがあります。

一度失った歯は二度と生えてきません。
でも、実際に歯が無いと様々な障害が起きてきます。
咬めないって大変!
歯が無いとしっかり咬むということができなくなります。
個人によって異なりますが、歯が一本くらいなくなっても平気!と思う人もいるかと思いますが、それは大きな間違い。

かみ合わせについて

確かに一本だけない状態ならば食事に不便なだけのようですが、それだけでは絶対にすみません。
「かみ合わせ」という言葉を聞いたことがあると思います。
通常成人男性の咬む力は約60キログラムあるといわれています。これを約20本の歯がうまく支えているのです。その中の一本がなくなったらどうなるでしょうか。
咬む力のバランスが崩れ、歯並びが悪くなってしまいます。

歯並びが悪くなっても気にしない。という方もいるかもしれません。
けれど歯並びが悪くなれば歯垢が溜まりやすくなり、歯垢が溜まれば虫歯や歯周病になり、それらが悪化して更に歯が抜けてしまう……という事があるのです。

またかみ合わせの悪さは肩こりや、身体のゆがみを引き起こすとも言われています。



今ある自分の歯をなるべく良い状態で大切に!

とは思ってもそうは行かないこともあります。

あわせて読みたい記事

メディア運用会社について

メディカルネット

株式会社メディカルネット(東証マザーズ上場)は、より良い歯科医療環境の実現を目指し、インターネットを活用したサービスの提供にとどまらず、歯科医療を取り巻く全ての需要に対して課題解決を行っています。

当サイト「インプラントネット」を通して生活者に有益な医療情報を歯科治療の「理解」と「普及」をテーマに、自分に最適な歯科医院についての情報や、歯の基礎知識、インプラントなどの専門治療の説明など、生活者にとって有益な情報の提供を目指しています。

インプラント歯科医院を探すなら「インプラントネット」

インプラント治療を行なっている歯科医院を、全国から簡単に検索できます。お近くのインプラント歯科医院をお探しの場合にもぜひご活用ください。

記事カテゴリ

①治療前にチェックしたい!インプラントの基礎知識

②安心してインプラント治療を進めるために

③インプラントとお金に関すること

④いろいろなインプラントの治療法

⑤インプラントの種類について

⑥インプラントと骨の関係性

⑧インプラントを長持ちさせるためのケア・メンテナンス

⑨インプラント治療に関わる専門家

記事監修

歯科医師 古川雄亮 先生
国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Natureに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。