咬み合わせと全身の健康

歯科インプラントに関する治療説明『咬合治療』についてご紹介します。歯を失ってお困りの方、入れ歯・ブリッジが合わない方は是非ご覧下さい。

更新日:2019/09/30

■目次

  1. 咬合治療
  2. 咬み合わせが悪くなる原因
  3. 咬み合わせが原因で出てくる症状
  4. 良い咬み合わせ、正しい咬み合わせとは
  5. 予防が一番大事です

咬合治療

合(こうごう)とは、歯の咬み合わせのことです。「ちゃんとごはんも食べられるし、私は歯の咬み合わせには問題がない」「歯並びがいいから私は大丈夫」と思われるかもしれませんが、実は症状が出ていないだけで、咬み合わせが正しくないことがよくあります。

咬み合わせが悪くなる原因

咬み合わせが悪くなってしまう原因は、先天的(遺伝的)なものと後天的(環境的)なものに大きく分けることができます。

■先天的なものが原因となる例:
 ・生まれつきの骨格の問題
■後天的なものが原因となる例:
 ・指しゃぶり
 ・頬づえ
 ・口呼吸(などの生活習慣)

また、上下の顎のバランスが悪いままでいると、以下のようなことが起こります。

・顎の関節(顎関節:がくかんせつ)や顎の周りの筋肉のバランスが悪くなる
・全身のバランスも悪くなり、体に症状が出る
・顎に痛みが出る

これは、かかとの高さが違う靴をはいて歩くのに似ています。体が元気なうちは、「これでも歩けなくはないし、まあいいか」と思ってそのまま歩き続け、そのうち膝が痛くなり、腰が痛くなり、全身がだるくなってすぐに疲れてしまうはずです。

咬み合わせが原因で出てくる症状

顎関節症(がくかんせつしょう)
多くの人がまず気付くのが、顎の痛みや顎が鳴るといった症状です。 顎に痛みがあったり、顎が鳴ったり、口を大きく開けることができない――これらは、顎関節症(がくかんせつしょう)の典型的な症状です。

不定愁訴と呼ばれる症状
頭痛、肩こり、首のこり、腰痛など、不定愁訴と呼ばれる症状が現れる場合があります。

耳周辺に出る症状
耳の痛みや耳鳴り、難聴やめまいといった、耳周辺の症状が現れる場合があります。

口関連の症状
歯や舌の痛み、味覚異常、口が乾く、食べ物を飲み込みにくいといった、口関連の症状などが現れる場合があります。
顎(主に下あご)は、単に上下左右に動くだけではなく、非常に複雑な動きをして食べ物を噛んでいます。私たちがごはんを食べるとき、歯が受けた刺激が脳に伝わって、脳は顎を動かす筋肉に「顎をこう動かしなさい」という指示を出します。咬み合わせが悪いと、悪い刺激が脳に伝わって、脳は「咬み合わせをずらすように!」と顎の筋肉に指示します。すると、顎がずれますから顎の筋肉が疲れ、首の筋肉が疲れ、肩の筋肉も疲れて頭痛になるおそれがあります。疲れた筋肉をフォローするために肩が上がり、肩が上がった分のバランスをとるために首が傾き、背骨や腰にも影響を与え、全身がゆがんで骨盤などにも影響が出てくるおそれもあります。体のゆがみによって神経が圧迫された箇所によっては、他にも様々な症状が出てくる可能性があります。

上記に挙げた症状すべてが、咬み合わせだけが原因で起こるとは限りません。
複合的にいろいろな要素が絡んで、全身の症状となって現れているのかもしれません。しかし、他のあらゆる治療をためしたけれど一向によくならない場合、咬み合わせという原因が見落とされている可能性があります。

良い咬み合わせ、正しい咬み合わせとは

咬み合わせたときに、すべての歯が同時に接触する状態が理想です。どこか一本(あるいは数本)の歯が邪魔をして全体の歯が接触していない場合、たとえ見た目の歯並びがきれいであっても、それは咬み合わせが正しいとは言えません。

私たちがごはんを食べるとき、一番噛みやすいところで食べ物を食べようとします。邪魔をする歯があったり、噛みにくい箇所があったり、痛むところがあったら、そこを避けて食べ物を噛みます。

痛かったり噛みにくくないところで食べ物を噛むということは、つまり顎を本来の位置からずらしているということです。顎の関節の位置が変わると筋肉が緊張した状態が続き、徐々に問題が出てくるようになってしまいます。一番噛みやすい位置が、顎関節の本来の位置とイコールであるという状態が、良い咬み合わせと言えるでしょう。

予防が一番大事です

むし歯になれば歯を削って詰め物やかぶせ物をします。そのたびに、咬み合わせが変わります。歯が抜けてしまえば、失った歯の代わりを入れなければいけませんから、そのたびに咬み合わせが変わります。歯周病がひどくなると、歯ぐきが弱って歯がグラグラになりますから、咬み合わせも変わります。咬み合わせが変わったことで、歯並びが悪くなってむし歯になりやすくなったり、歯周組織に負担がかかって、さらに歯を失いやすくなったりします。

むし歯や歯周病を防ぐことが一番大切だと言えます。むし歯も歯周病も、定期検診を受けてクリーニングすることで、予防することが可能です。 むし歯や歯周病にならない生活習慣、咬み合わせを悪くしない生活習慣を心がけて、数ヶ月に一度の歯科医院での定期検診を受けて、あなたの歯を守ってください。

記事提供

メディア運用会社について

メディカルネット

株式会社メディカルネット(東証マザーズ上場)は、より良い歯科医療環境の実現を目指し、インターネットを活用したサービスの提供にとどまらず、歯科医療を取り巻く全ての需要に対して課題解決を行っています。

当サイト「インプラントネット」を通して生活者に有益な医療情報を歯科治療の「理解」と「普及」をテーマに、自分に最適な歯科医院についての情報や、歯の基礎知識、インプラントなどの専門治療の説明など、生活者にとって有益な情報の提供を目指しています。

インプラント歯科医院を探すなら「インプラントネット」

インプラント治療を行なっている歯科医院を、全国から簡単に検索できます。お近くのインプラント歯科医院をお探しの場合にもぜひご活用ください。

記事カテゴリ

①治療前にチェックしたい!インプラントの基礎知識

②安心してインプラント治療を進めるために

③インプラントとお金に関すること

④いろいろなインプラントの治療法

⑤インプラントの種類について

⑥インプラントと骨の関係性

⑧インプラントを長持ちさせるためのケア・メンテナンス

⑨インプラント治療に関わる専門家

記事監修

歯科医師 古川雄亮 先生
国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Natureに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。