口臭が気になるけど、これって歯周病?

口臭を気にする方が最近増えていますが、それは本当に歯周病なのでしょうか。

更新日:2019/10/01

■目次

  1. 一度、歯医者さんに診てもらいましょう
  2. 歯周病は生活習慣病
  3. 歯周病って治らないの?
  4. 歯周病とインプラント

一度、歯医者さんに診てもらいましょう

最近、口臭が原因で来院される患者様が増えています。実際に当センターでは口臭があると診断された患者様のほとんどの方が歯周病に侵されており、約90%の患者様は中等度の歯周病、約10%の患者様は重度の歯周病という結果が出ています。このことから、実際に口臭があると診断された場合には、歯周病が中期まで進行している場合が多いことがわかります。自分で気になったり、他人から指摘されるほどの口臭であれば、一度、歯医者さんに診てもらうのがよいでしょう。

歯周病は生活習慣病

歯周病は、生活習慣病(成人病)の一つと考えられます。生活習慣病とは不規則で偏った生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気です。歯周病も口の清掃という生活習慣を怠ることで進行します。生活習慣を改善し、歯の清掃を徹底すれば改善されることもありますが、一定のレベルより悪くなった場合には、治療が必要です。

歯周病って治らないの?

歯周病

初期の歯周病であれば、日々のお口の清掃を怠らずにおこなうと、改善される場合があります。歯だけではなく、歯と歯肉の間の歯周ポケット内を毎日継続して清掃をすることがとても大切です。しかし歯周病が進行し、歯周ポケットがどんどん深くなってしまった場合には、清掃器具が届きませんので、外科的な手術を伴う治療が必要となる場合があります。また、歯並びが悪く、もともと清掃器具が歯周ポケットまで届かない方は、歯列を矯正装置で整え、歯周病のなりにくい環境をつくることが必要となってきます。

歯周病とインプラント

歯周病に侵され、残念ながら歯を失うことになった場合には、インプラント治療を勧められることがあります。インプラントはチタン製のボルトを顎の骨にを埋め込み骨と結合させることで、人工の歯根としての役割を果たします。しかし、肝心な顎の骨が歯周病に侵されていては、インプラントを埋め込むことができません。そのために歯周病の治療は最優先でおこなわれなくてはならないのです。インプラントを埋め込んだ後にも、残った天然歯が歯周病に侵されることがあります。治療後は歯周病にならないように、適切な歯の清掃を習慣づけましょう。






※治療結果は、患者様によって個人差があります。

記事提供

あわせて読みたい記事

メディア運用会社について

メディカルネット

株式会社メディカルネット(東証グロース上場)は、より良い歯科医療環境の実現を目指し、インターネットを活用したサービスの提供にとどまらず、歯科医療を取り巻く全ての需要に対して課題解決を行っています。

当サイト「インプラントネット」を通して生活者に有益な医療情報を歯科治療の「理解」と「普及」をテーマに、自分に最適な歯科医院についての情報や、歯の基礎知識、インプラントなどの専門治療の説明など、生活者にとって有益な情報の提供を目指しています。

インプラント歯科医院を探すなら「インプラントネット」

インプラント治療を行なっている歯科医院を、全国から簡単に検索できます。お近くのインプラント歯科医院をお探しの場合にもぜひご活用ください。

記事カテゴリ

①治療前にチェックしたい!インプラントの基礎知識

②安心してインプラント治療を進めるために

③インプラントとお金に関すること

④いろいろなインプラントの治療法

⑤インプラントの種類について

⑥インプラントと骨の関係性

⑧インプラントを長持ちさせるためのケア・メンテナンス

⑨インプラント治療に関わる専門家

記事監修

歯科医師 古川雄亮 先生
国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Natureに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。