治療期間短縮が期待できる親水性の高い新インプラント

親水性あるので、インプラントの埋め込み手術後の治癒期間が短縮できる可能性のあるインプラントについて説明、ご紹介します。インプラント治療を考えている場合の参考にしてみてください。インプラントネットはインプラント総合サイトです。

更新日:2019/10/02

■目次

  1. 親水性加工の高い新インプラントとは
  2. ◇従来のインプラントについて
  3. ◇親水性加工された新しいインプラントの特徴
  4. 【参考】体液に近い生理食塩水での濡れ性比較
  5. 【親水性加工の新インプラントで期待できること】 
  6. 【比較】従来の純チタン製インプラントと親水性の高いインプラント
  7. 手術手順、治療期間の比較

親水性加工の高い新インプラントとは

◇従来のインプラントについて

従来の純チタン製インプラントは、オッセオインテグレーション(チタンと骨の結合)を強固にするために、表面に微細な凹凸をつけているものが主流です。しかし、インプラント表面に付着した空気中の炭素が血液をはじく(疎水性)ため、血液がインプラントの凹凸の隅々まで行き届くのに時間がかかってしまい、結果的に治癒に長期の時間を要していました。

◇親水性加工された新しいインプラントの特徴

最近では、窒素を充填したクリーンルームの中で、製造からパッケージ、梱包まで空気に触れることなくオートメーションで管理されたインプラントが登場しています。

【参考】体液に近い生理食塩水での濡れ性比較

【参考】体液に近い生理食塩水での濡れ性比較

親水性の高いインプラントは、表面に水や血液が広がりやすいように加工された新しいインプラントです。製造直後から手術する直前まで、空気中の炭素が付着しない状態を保ちます。血液がインプラントの凹凸の隅々まですばやく行き渡ることができてオッセオインテグレーションが早まるため、早期治癒が期待できます。
また、従来のインプラントよりも、インプラントが顎の骨に定着するまでの不安定な期間にインプラントが抜けてしまうリスクが軽減し、より長く保つことができる可能性があります。

【親水性加工の新インプラントで期待できること】 

・早期ロスト(抜ける)のリスクが低い
・親水性が高く、骨との結合が早いため治癒期間が短縮できる可能性がある
・比較的に早く上部構造(被せ物・人工歯)が装着できる(早期荷重できる)

※患者様の症状により個人差があります。

【比較】従来の純チタン製インプラントと親水性の高いインプラント

手術手順、治療期間の比較

手術手順、治療期間の比較

親水性の高いインプラントを使用した場合、従来の純チタン製インプラントよりオッセオインテグレーションの早さが期待できるため、インプラント埋入手術後から早い段階で仮歯を入れたり印象(型取り)したりすることができる早期荷重に対応できます。








※骨造成の不要なケースの治療手順です。

※治療手順、結果は医療機関や患者様の症状により異なります。

記事提供

あわせて読みたい記事

メディア運用会社について

メディカルネット

株式会社メディカルネット(東証マザーズ上場)は、より良い歯科医療環境の実現を目指し、インターネットを活用したサービスの提供にとどまらず、歯科医療を取り巻く全ての需要に対して課題解決を行っています。

当サイト「インプラントネット」を通して生活者に有益な医療情報を歯科治療の「理解」と「普及」をテーマに、自分に最適な歯科医院についての情報や、歯の基礎知識、インプラントなどの専門治療の説明など、生活者にとって有益な情報の提供を目指しています。

インプラント歯科医院を探すなら「インプラントネット」

インプラント治療を行なっている歯科医院を、全国から簡単に検索できます。お近くのインプラント歯科医院をお探しの場合にもぜひご活用ください。

記事カテゴリ

①治療前にチェックしたい!インプラントの基礎知識

②安心してインプラント治療を進めるために

③インプラントとお金に関すること

④いろいろなインプラントの治療法

⑤インプラントの種類について

⑥インプラントと骨の関係性

⑧インプラントを長持ちさせるためのケア・メンテナンス

⑨インプラント治療に関わる専門家

記事監修

歯科医師 古川雄亮 先生
国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Natureに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。