あごの骨にかかわる手術記事一覧 (44記事)

GTR(組織再生誘導)

GTR(組織再生誘導)法とはGuidedTissueRegenerationの略GTR(組織再生誘導)法とは、歯周病などによって歯肉・歯根膜・歯槽骨などの破壊された歯周組織の再生を...

続きを読む ≫

GBR(骨誘導再生)

GBR(骨誘導再生)法とはGuidedBoneRegenerationの略GBR(骨誘導再生)法とは、欠損した歯槽骨や顎骨などの骨組織の再生を促す治療方法です。インプラントを埋め入...

続きを読む ≫

ソケットプリザベーション - 抜歯即時埋入ができない場合

抜歯即時埋入ができない場合とは?どうしても抜歯をしなければならない場合、或いは抜歯をしたほうがより望ましい結果が得られる場合、第一選択は抜歯即時インプラントであることに間違いはあり...

続きを読む ≫

上顎の骨が薄い場合の対処法

上顎の骨が薄くてもインプラントを可能にする方法サイナスリフトという方法歯を失うと、圧力が掛からなくなった顎の骨は、やせ細ってしまします。特に上顎の骨は、上顎洞という空洞が存在するた...

続きを読む ≫

前歯・奥歯のインプラント治療で気をつけたいポイント厳選

安易にインプラント治療を行ってしまうと、治療する部位によっては「上顎洞(サイナス)」と「下歯槽神経」(下図参照)を傷つけてしまい、大事に至ることもあります。治療を受ける前にレント...

続きを読む ≫

サイナスリフトとは?【2つの術式|オステオトーム法/ラテラルウィンドウ法】

サイナスリフト-ラテラルウインドウ法・オステオトーム法サイナスリフトには一般的に2つの術式があります。上顎の奥歯の部位には副鼻腔という、空洞があります。歯を失って時間が経つとこの副...

続きを読む ≫

ディストラクションについて

ディストラクションとは・・・骨の高さがない場合の治療方法ディストラクションとはインプラントを骨に埋め込む際に、「インプラントを埋め込むことができる骨の高さ(垂直的な骨の高さ)がない...

続きを読む ≫

スプリットクレストとは?

骨の幅が足りない際の治療法スプリットクレストインプラントを埋め込むためには、最低5mm程度の骨の幅が必要です。そのため、歯周病や歯の喪失が原因で骨が必要な量よりもやせてしまっている...

続きを読む ≫

骨がやせていても埋入できる ― 傾斜埋入インプラント

重度の歯周病の場合など、抜歯後に欠損部を長期的にそのままにしていると、顎の骨は機能圧がかからないために、やせ細ってしまいます。特に上顎では、奥歯の上に骨の空洞(上顎洞)が存在します...

続きを読む ≫

インプラント治療における補助手術

インプラント治療をするには骨の厚みが必要インプラントを入れたくても「顎の骨の厚みが少ないので・・・」と断られた方もいらっしゃると思います。十分な骨の厚みや高さがある方には、通常の方...

続きを読む ≫



治療説明TOPへ戻る

このページの先頭へ

【注目の記事&レポート】

テーマ、タグ一覧

【 インプラントネット ドクター特集 】
  • 山田 陽子 院長先生(デンタルサロン麹町)に一日密着取材