様々なインプラントの症例

歯科インプラントに関する症例『様々なケースのインプラント治療』についてご紹介します。歯を失ってお困りの方、入れ歯・ブリッジが合わない方は是非ご覧下さい。

更新日:2019/09/26

■目次

  1. CASE1 前歯の治療
  2. 治 療 前
  3. 治 療 後
  4. CASE2 奥歯の治療
  5. 治 療 前
  6. 治 療 後
  7. CASE3  多くの歯を失った場合
  8. 治療前
  9. 治 療 後(レントゲン)
  10. 治 療 後(上の歯)
  11. 治 療 後(下の歯)
  12. 美しい歯になりました

CASE1 前歯の治療

治 療 前

治 療 前1

上の前歯が打撲してしまった症例です。

右上の前歯は抜歯して、被せ物をする必要がありました。写真は抜歯をした状態です。

治 療 後

治 療 後1

歯を抜いた部分に、インプラント埋めいれ、被せ物をセットしました。
審美的(見た目的)にも問題なく美しく、ブリッジ治療のように隣の歯を削らずにすみました。患者様も非常に満足されています。

CASE2 奥歯の治療

治 療 前

治 療 前2

下の奥歯が無く、上の歯も下がってきてしまいました。この部分では物が噛めない状態です。入れ歯を付けたことがあるようですが、違和感が強く、しっかりと噛むことができなかったそうです。

上の歯を2本抜いて、上下合わせて4本のインプラントを埋め入れることにしました。

治 療 後

治 療 後2

保険の範囲の入れ歯では、形も大きくなり、違和感が出やすくなります。
インプラントの場合は、審美的にも美しく、しっかりと噛むことができます。

CASE3  多くの歯を失った場合

歯がグラグラ揺れて噛みにくいとのことで来院された患者様です。

治療前

治療前3

歯周病の進行が著しく、多くの歯を抜かなければいけない状態でした。入れ歯も使用したくないとのことで、インプラント治療を選択されました。

治 療 後(レントゲン)

治 療 後3(レントゲン)

多くの歯を抜き、インプラントを14本埋め入れました。治療後も痛みや不快症状はほとんどなかったそうです。





治 療 後(上の歯)

治 療 後(上の歯)

上の歯は9本インプラントを入れています。天然歯との区別はほとんどつきません。





治 療 後(下の歯)

治 療 後(下の歯)

下の歯は5本インプラントを入れました。奥歯までしっかりと噛める固定式の歯です。




美しい歯になりました

美しい歯になりました

治療後、患者様は非常に満足されています。よく噛めるようになり、違和感もないとのことです。笑顔が増え、楽しそうに定期健診に通われています。




記事提供

あわせて読みたい記事

メディア運用会社について

メディカルネット

株式会社メディカルネット(東証グロース上場)は、より良い歯科医療環境の実現を目指し、インターネットを活用したサービスの提供にとどまらず、歯科医療を取り巻く全ての需要に対して課題解決を行っています。

当サイト「インプラントネット」を通して生活者に有益な医療情報を歯科治療の「理解」と「普及」をテーマに、自分に最適な歯科医院についての情報や、歯の基礎知識、インプラントなどの専門治療の説明など、生活者にとって有益な情報の提供を目指しています。

インプラント歯科医院を探すなら「インプラントネット」

インプラント治療を行なっている歯科医院を、全国から簡単に検索できます。お近くのインプラント歯科医院をお探しの場合にもぜひご活用ください。

記事カテゴリ

①治療前にチェックしたい!インプラントの基礎知識

②安心してインプラント治療を進めるために

③インプラントとお金に関すること

④いろいろなインプラントの治療法

⑤インプラントの種類について

⑥インプラントと骨の関係性

⑧インプラントを長持ちさせるためのケア・メンテナンス

⑨インプラント治療に関わる専門家

記事監修

歯科医師 古川雄亮 先生
国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Natureに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。