通常のブリッジ治療と違う「接着ブリッジ」をご紹介します。

歯の負担を減らすことのできる『接着ブリッジ』とは何でしょう。通常のブリッジとの違い、保険適用、寿命、治療の条件や利点とあわせてご紹介します。

更新日:2021/12/06

通常のブリッジ治療と違う「接着ブリッジ」をご紹介します。

■目次

  1. 接着ブリッジとは?
  2. 接着ブリッジができる条件
  3. 接着ブリッジと通常(保険適用)のブリッジどっちがいいの?

接着ブリッジとは?

通常のブリッジと何が違うの?
接着ブリッジは、通常のブリッジと同じように、歯を支えるために隣接した歯を使いますが、土台となる歯の切削量がとても少ないのが特徴です。歯を削る量は1~2mm位とふつうのブリッジに比べてほんのわずかです。
切削の後、型を取り、そして、メタルでできた小さな維持装置を付けたブリッジを歯の裏に接着します。

接着ブリッジができる条件

接着ブリッジができる条件

症例は限られます・・・
歯が喪失している部分の位置と幅、かみ合わせ、噛む力、残っている歯、骨の状態など条件が合えば、治療が可能となります。
土台の作り方とメンテナンスのやり方によっては、10年以上もつことも多いのです。もちろん接着剤の種類や歯科医の創意工夫や腕にもよります。これは誰にでもできるわけではありません。
歯科医師の技術が必要な治療方法です。

接着ブリッジと通常(保険適用)のブリッジどっちがいいの?

接着ブリッジの利点

歯を長持ちさせることができる
削る量が少なければ、その歯を長期にわたってもたせることができます。
接着ブリッジは多くの場合、神経を残すことが出来るため、歯の寿命は大幅に延びます。神経が残っている歯と残っていない歯の寿命は格段に違います。神経を残して治療することが出来れば、抜歯になる時期を大幅に遅らせることができます。歯は一度削ってしまえば元には戻りませんから最初の治療が肝心です。

歯肉への影響が少ない。
歯を覆う部分が少ないため、ブリッジの縁が歯肉に対して悪影響を与える可能性が少ないといえます。

精神的に楽
接着ブリッジは歯を削る量が少なくてすむため、インプラント治療はコスト的に合わない、あるいは手術が怖い、でもできるだけ他の歯に対するダメージは小さくしたい、歯の神経は取りたくないといった方にも最適です。

通常のブリッジの利点

接着ブリッジより安価
多くの場合保険が適用されるので安価であると言えます。

選べる症例が多い
接着ブリッジに比べて、かなり多くの方に治療が可能です。

※接着ブリッジは、適応できる状態かどうかと医師の技術が問題となってきます。可能であれば接着ブリッジという選択もよいでしょう。

記事提供

あわせて読みたい記事

メディア運用会社について

メディカルネット

株式会社メディカルネット(東証グロース上場)は、より良い歯科医療環境の実現を目指し、インターネットを活用したサービスの提供にとどまらず、歯科医療を取り巻く全ての需要に対して課題解決を行っています。

当サイト「インプラントネット」を通して生活者に有益な医療情報を歯科治療の「理解」と「普及」をテーマに、自分に最適な歯科医院についての情報や、歯の基礎知識、インプラントなどの専門治療の説明など、生活者にとって有益な情報の提供を目指しています。

インプラント歯科医院を探すなら「インプラントネット」

インプラント治療を行なっている歯科医院を、全国から簡単に検索できます。お近くのインプラント歯科医院をお探しの場合にもぜひご活用ください。

記事カテゴリ

①治療前にチェックしたい!インプラントの基礎知識

②安心してインプラント治療を進めるために

③インプラントとお金に関すること

④いろいろなインプラントの治療法

⑤インプラントの種類について

⑥インプラントと骨の関係性

⑧インプラントを長持ちさせるためのケア・メンテナンス

⑨インプラント治療に関わる専門家

記事監修

歯科医師 古川雄亮 先生
国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Natureに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。