部分入れ歯をインプラントに変えることってできるの?

部分入れ歯が合わない、もっと見た目をきれいにしたい。ブリッジは嫌。そんな方はインプラント治療を考えてみてはいかがでしょうか。部分入れ歯の部分をインプラントにする治療はほとんどのケースで可能です。インプラント治療が難しい場合や、補助手術が必要になる場合(サイナスリフト・ソケットリフト・スプリットクレスト等)を併せてご紹介します。

更新日:2021/12/06

部分入れ歯をインプラントに変えることってできるの?

■目次

  1. 部分入れ歯を使用していたお口の状態
  2. 骨を増やす手術の種類 (サイナスリフト・ソケットリフト等)
  3. ■上顎の奥歯の骨が痩せている場合
  4. ■顎の骨の幅だけが痩せている場合
  5. ■その他、顎の骨が痩せている場合
  6. 骨を増やす手術が必要と診断を受けた方へ

部分入れ歯を使用していたお口の状態

部分入れ歯を使用していたお口の状態

部分入れ歯は、部分的に歯を失った場合の治療法の一つです。残っている歯にクラスプ(バネ)をかけることによって入れ歯を安定させます。そのため、残っている歯をダミーの歯と橋渡しで連結して覆うようにし固定するブリッジやインプラントと比べると噛む力が小さく、また、クラスプ(バネ)をかける歯に大きく負担がかかることや、入れ歯が動いてしまったり合わないことにより歯槽骨(歯を支えている顎の骨)が痩せてしまう(吸収する)などの問題があります。

>>インプラントとブリッジ、入れ歯の治療比較

現在、部分入れ歯をお使いの方は、ほとんどの方がインプラント治療を受けることができるでしょう。しかし、インプラント治療は、顎の骨にチタン製のインプラント体(人工歯根)を埋め込む外科手術を行いますので、骨の厚みや健康状態に問題のある方は治療が難しい場合もあります。骨の厚みは手術で増やすことは可能です。

骨を増やす手術の種類 (サイナスリフト・ソケットリフト等)

骨を増やす手術は、術後に腫れや痛みが伴う可能性があります。ですが、骨を十分に作ることによって歯茎のラインやボリュームなどの見た目を回復させることが出来るため、ブラッシングしやすい環境を作ることができます。
骨を増やす手術は、下記の方法があります。

■上顎の奥歯の骨が痩せている場合

■上顎の奥歯の骨が痩せている場合

上顎の奥歯の場合、その上に存在する骨の空洞「上顎洞」との距離が近くなり、インプラントを埋め込むができない場合があります。このような場合には、上顎洞の底の粘膜を慎重に上に押し上げて骨を移植する手術を行います。広範囲で骨が痩せている場合は「サイナスリフト」、局所的に薄い場合は「ソケットリフト」を行います。

サイナスリフトソケットリフト

■顎の骨の幅だけが痩せている場合

■顎の骨の幅だけが痩せている場合


顎の骨にインプラントを埋め込む高さはあるが、幅が足りていない場合は、その部分の骨を二分割して幅を広げる「スプリットクレスト」を行います。
⇒スプリットクレスト

■その他、顎の骨が痩せている場合

■その他、顎の骨が痩せている場合

上記以外にも、患者さんの顎の骨の状態によって、下記のような骨を増やす手術を行います。

骨移植
骨を作りたい部分に粉末状にした患者さん自身の骨や人工骨を移植する方法

GBR
骨移植と同じく患者さん自身の骨や人工骨を移植し、特殊な膜で覆うことで骨の再生を誘導する方法

ボーングラフト(ベニアグラフト、ブロック骨移植
下顎付近の骨をブロック状に削って取り出し、移植したい部分にブロック骨を固定する方法。最近は、細粒骨を移植することが多いです。

骨を増やす手術が必要と診断を受けた方へ

外科手術の回数や費用を抑えたい方は、担当の歯科医師に相談してみましょう。
患者さんの希望に沿って負担を最小限にして治療を進めた場合、歯科医師の提案する理想的な治療に比べて治療後のお口の見た目や機能が完全に回復しない場合もあります。
歯科医師とよく相談をして、メリット・デメリットを把握し、納得したうえで治療を行うようにしてください。

患者さんのお口の中の状態により、内容が一部異なる可能性があります。

記事監修

歯科医師 古川雄亮 先生

歯科医師 古川雄亮 先生
国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Natureに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。

あわせて読みたい記事

メディア運用会社について

メディカルネット

株式会社メディカルネット(東証グロース上場)は、より良い歯科医療環境の実現を目指し、インターネットを活用したサービスの提供にとどまらず、歯科医療を取り巻く全ての需要に対して課題解決を行っています。

当サイト「インプラントネット」を通して生活者に有益な医療情報を歯科治療の「理解」と「普及」をテーマに、自分に最適な歯科医院についての情報や、歯の基礎知識、インプラントなどの専門治療の説明など、生活者にとって有益な情報の提供を目指しています。

インプラント歯科医院を探すなら「インプラントネット」

インプラント治療を行なっている歯科医院を、全国から簡単に検索できます。お近くのインプラント歯科医院をお探しの場合にもぜひご活用ください。

記事カテゴリ

①治療前にチェックしたい!インプラントの基礎知識

②安心してインプラント治療を進めるために

③インプラントとお金に関すること

④いろいろなインプラントの治療法

⑤インプラントの種類について

⑥インプラントと骨の関係性

⑧インプラントを長持ちさせるためのケア・メンテナンス

⑨インプラント治療に関わる専門家

記事監修

歯科医師 古川雄亮 先生
国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Natureに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。