マグネット・デンチャーを使用したインプラント

インプラント総合サイトです。歯科インプラントに関する「マグネット・デンチャーを使用したインプラント」についてご紹介します。歯を失ってお困りの方、入れ歯・ブリッジが合わない方は是非ご覧下さい。

更新日:2019/10/01

■目次

  1. マグネット・デンチャー(磁石式入れ歯)とは?
  2.  ▼ バネの代わりに超小型磁石を使用して入れ歯を安定させています。見た目も自然です。
  3. 治療の流れ
  4. STEP 1:診断
  5. STEP 2:歯の根の治療
  6. STEP 3:入れ歯の製作
  7. STEP 4:アフターケア
  8. 磁石式入れ歯 Q&A

マグネット・デンチャー(磁石式入れ歯)とは?

通常、入れ歯は残った歯にバネをかけて使用します。このため、入れ歯がはずれやすい、噛み心地に違和感があることがあります。

この、入れ歯に磁石を用いた「マグネット・デンチャー(磁石式入れ歯)」を使えば、磁石の力で入れ歯がピッタリ吸着し安定させることができます。

歯根に「磁性金属(磁石にくっつきやすい金属)」を取り付け、入れ歯に「超小型磁石」を埋め込みます。 歯の無い方はインプラント(人工歯根)に磁性金属を取り付けます。金属製の入れ歯と併用することによってさらに装着感が向上します。

既存の入れ歯をそのまま使用することもでき、インプラントの本数も少なくすることができ、経済的で身体への負担も少なくなります。

 ▼ バネの代わりに超小型磁石を使用して入れ歯を安定させています。見た目も自然です。

治療の流れ

STEP 1:診断

まず、レントゲンで歯の診断を行います。ぐらぐらしている歯が使えるかどうかを診断します。

STEP 2:歯の根の治療

残した歯根に、磁石がくっつく「磁性金属」を取り付けます。

歯のない方は、ここでインプラントを埋め込む治療を行い、インプラントに「磁性金属」を取り付けます。

STEP 3:入れ歯の製作

入れ歯側に「超小型磁石」を埋め込みます。磁石と磁性金属がくっついて、入れ歯を固定します。

STEP 4:アフターケア

マグネット・デンチャーは良く噛めて、しかも着け外しが簡単で、アフターケアが容易です。
歯科医師の指示に従って定期健診を受けてください。メンテナンスをすることで、より長く快適な状態で使用することができます。

磁石式入れ歯 Q&A

Q1 磁石式入れ歯を作る費用はいくらぐらいかかりますか?
自由診療扱い(自費)対象の治療方法です。 「通常の入れ歯の費用」に「使用する磁石1個あたり3~5万円」と「インプラント治療の費用」を足した金額が目安です。

Q2 治療期間はどれくらいかかりますか?
通常のインプラントの治療期間とほとんど変わりません。

Q3 MRI診断に影響はありませんか?
基本的には問題ありませんが撤去しなければならないことがありますので、詳細は歯科医師に相談してください。

Q4 磁気は体に影響ありませんか?
影響ありません。 磁気が外に漏れないからです。ペースメーカーをお使いの方も心配ありません。

Q5 磁石式入れ歯の寿命はどれくらいですか?
定期健診をきちんと受けることで、長期間にわたって使えます。

記事提供

あわせて読みたい記事

メディア運用会社について

メディカルネット

株式会社メディカルネット(東証マザーズ上場)は、より良い歯科医療環境の実現を目指し、インターネットを活用したサービスの提供にとどまらず、歯科医療を取り巻く全ての需要に対して課題解決を行っています。

当サイト「インプラントネット」を通して生活者に有益な医療情報を歯科治療の「理解」と「普及」をテーマに、自分に最適な歯科医院についての情報や、歯の基礎知識、インプラントなどの専門治療の説明など、生活者にとって有益な情報の提供を目指しています。

インプラント歯科医院を探すなら「インプラントネット」

インプラント治療を行なっている歯科医院を、全国から簡単に検索できます。お近くのインプラント歯科医院をお探しの場合にもぜひご活用ください。

記事カテゴリ

①治療前にチェックしたい!インプラントの基礎知識

②安心してインプラント治療を進めるために

③インプラントとお金に関すること

④いろいろなインプラントの治療法

⑤インプラントの種類について

⑥インプラントと骨の関係性

⑧インプラントを長持ちさせるためのケア・メンテナンス

⑨インプラント治療に関わる専門家

記事監修

歯科医師 古川雄亮 先生
国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Natureに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。