抜歯と同時にインプラントを入れて綺麗に治療した症例

インプラント総合サイトです。歯科インプラントに関する治療説明『抜歯と同時にインプラント入れて短期間で治療した症例』についてご紹介します。歯を失ってお困りの方、入れ歯・ブリッジが合わない方は是非ご覧下さい。

更新日:2019/10/03

■目次

  1. Case 前歯が根っこから折れてしまった
  2. STEP1 抜歯&インプラントの埋め込み&骨増生
  3. STEP2 インプラントと骨が結合するまで待つ
  4. STEP3 歯茎を移植する
  5. STEP4 人工の歯の土台を取り付ける
  6. STEP5 人工の歯をセット

Case 前歯が根っこから折れてしまった

この患者様は、前歯が根っこから大きく折れてしまっていたため、抜歯をしなければなりませんでした。
抜歯後の治療は、折れた歯の両隣の歯は健康な歯であったため、隣の歯を削って治療するブリッジではなく、インプラント治療を選択されました。

STEP1 抜歯&インプラントの埋め込み&骨増生

まずは、折れた歯を抜歯します。

抜歯した部分が膿んでいたり、周囲の骨が薄い場合は、すぐにインプラントを入れることはできません。この患者様の場合は、膿もなく、骨も十分な厚みがあったため、抜歯と同日にインプラントを埋め込みました。


また、抜歯をすると、生理的な現象として、必ずその周囲の骨と歯茎が退縮してしまうので、少しでもそれを防ぐために、骨増生(骨を増やす処置)も同時に行いました。この治療方法の利点は、最小限の外科の回数・侵襲によって審美的な結果が得られる事です。

STEP2 インプラントと骨が結合するまで待つ

インプラントと骨がしっかりと結合するまで、約半年ほど待ちます。
この期間中は、仮歯を装着します。

STEP3 歯茎を移植する

治療した部分の唇側の歯茎が少し退縮していたので、余っている歯茎を退縮した部分に移植します。

凹んでいた歯茎が、自然な形になりました。

STEP4 人工の歯の土台を取り付ける

次に、人工の歯をセットするための土台(アバットメント)を、インプラントに取り付けます。この土台は通常はチタン製ですが、白いジルコニア製のものを使用することで、歯茎に金属の色が透けて見えることもなく、より見た目の美しい歯を再現することができます。

STEP5 人工の歯をセット

土台を取りつけた後は、仮歯で歯茎の形態の調整を行ってから、最終的な人工の歯をセットします。
人工の歯は変色の少ないオールセラミックで作製し、自然で綺麗な歯に仕上がりました。オールセラミックは、他の材質より歯垢が付着しにくいため、衛生面においても有利です。


※治療結果は、患者様によって個人差があります。

記事提供

あわせて読みたい記事

メディア運用会社について

メディカルネット

株式会社メディカルネット(東証グロース上場)は、より良い歯科医療環境の実現を目指し、インターネットを活用したサービスの提供にとどまらず、歯科医療を取り巻く全ての需要に対して課題解決を行っています。

当サイト「インプラントネット」を通して生活者に有益な医療情報を歯科治療の「理解」と「普及」をテーマに、自分に最適な歯科医院についての情報や、歯の基礎知識、インプラントなどの専門治療の説明など、生活者にとって有益な情報の提供を目指しています。

インプラント歯科医院を探すなら「インプラントネット」

インプラント治療を行なっている歯科医院を、全国から簡単に検索できます。お近くのインプラント歯科医院をお探しの場合にもぜひご活用ください。

記事カテゴリ

①治療前にチェックしたい!インプラントの基礎知識

②安心してインプラント治療を進めるために

③インプラントとお金に関すること

④いろいろなインプラントの治療法

⑤インプラントの種類について

⑥インプラントと骨の関係性

⑧インプラントを長持ちさせるためのケア・メンテナンス

⑨インプラント治療に関わる専門家

記事監修

歯科医師 古川雄亮 先生
国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Natureに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。