Yさん(岐阜県)の相談

カテゴリ:

  • 投稿者 Y さん [41才 男性 ] 2007/01/25/ 23:05
  • カテゴリー

上右前歯のインプラントのオペをしたのですが、まっすぐに穴を開けたところ奥のほうのところの骨がもろくて骨移植をしないとインプラントができないと言われました。
この前歯は元は差し歯で、その根の部分に小指の先ほど膿胞ができたので抜歯と同時に濃胞を除去してもらいました。
濃胞を除去の4ヵ月後にCTで骨ができかけている兆候があるのを確認してさらに3ヵ月後にインプラントのオペをしましたが上記の問題で失敗でした。採血をして骨を増やす処置も奥のほうなのでできないといわれました。
そこで相談が2つあります。
〇笋里かっている歯医者では6ヶ月経過したらそれ以上の骨の修復は期待できないと言われたのですが本当ですか?私個人としては患部が大きいので治りが遅いだけだと思いたいです。
▲ペから5日たったのですが隣の歯の根の部分が少し腫れて押さえるとズキンとする痛みがあります。オペの時に真っ直ぐに穴を開けてダメだったので斜めにもなぜか勝手に穴をあけられてしまったのですが、そのせいで隣の歯の根に傷が入り炎症しているのではないかと不安です。もし隣の歯根に傷が入った為の痛みだとしたら今後どのように処置しなければならないものなのでしょうか?
よろしくお願いします。

<医療法人社団 一仁会・柴田歯科>
 日本橋インプラントセンター
http://www.nihonbashi-implant.jp/

Y様、初めまして。日本橋インプラントセンター所長 玉木です。
1)嚢胞の大きさにも因りますが、マイナス面も言って下さる歯科医師のご判断でしょうから70〜80%以上は正しいと思います。
2)隣の歯の歯根の治療を行うことになります。
全体的に見て歯科医師の診断と施術の甘さから現状の問題点を抱えているような結果になったと思われます。
今後は経験豊富な先生に施術をしてもらうことをお勧めします。



相談を投稿する

最近回答された相談
最近投稿された相談

専門家が教える歯科インプラントのすべて