インプラントは虫歯にならない?メンテナンスしないと起きるかもしれないトラブル症状

インプラントは日々のメンテナンスが重要です。メンテナンスを怠った場合に起こる症状やリスクを紹介します。

更新日:2020/06/30

インプラントは虫歯にならない?メンテナンスしないと起きるかもしれないトラブル症状

■目次

  1. インプラントとメンテナンス
  2. メンテナンスを怠ると…
  3. メンテナンスを怠った場合に起きる可能性のある症状

インプラントとメンテナンス

インプラント治療の成功率は約96~98%と言われており、適切な治療とメンテナンスを行えば長期的に安定した状態で使い続けられるとされています。しかし、当サイトにはメンテナンスに行くことができていないためにお口の中にトラブルが起きてしまったとのご相談が多く寄せられます。そもそも、メンテナンスは何故必要なのでしょうか?行かないままで放っておくと、どのようなことが起こってしまうのでしょうか?

メンテナンスを怠ると…

インプラントは、チタンを使った人工歯根です。虫歯にならないから放っておいても大丈夫!と思っていませんか?
実際に埋め込んだインプラントが虫歯になることはありません。しかし、歯に付いた食べカスが残っていたり、ブラッシング不良による磨き残しがあった場合、時間が経つとそれらが『プラーク』とよばれる細菌のかたまりになり、インプラントの周りの骨や歯茎が炎症を起こす原因となります。これを「インプラント周囲炎」といいます。インプラント周囲炎が進行すると、インプラントがあごの骨から抜け落ちてしまうことがあります。
また、長期にわたりメンテナンスでの噛み合わせの調整を行わないまま放置していた場合にも、インプラントに過剰な負担がかかることで抜け落ちてしまう恐れがあります。この状態でインプラント周囲炎になった場合には、さらに炎症を進めてしまうなどの悪影響を引き起こすことがあります。

メンテナンスを怠った場合に起きる可能性のある症状

【インプラントに起きるトラブル】
・抜ける、折れる、ぐらつく

【上部構造(人工歯)に起きる症状】
・取れる、ぐらつきがある
・欠ける、割れる、ひびが入る

【歯茎に起きる症状】
・腫れる、出血する、膿が出る、痛みが出る

【あごの骨に起きる症状】
・インプラントを支えるあごの骨が痩せる

【その他】
・噛み合わせに不具合が生じる

歯科医院で1年以上メンテナンスを受けていない方は、このような事態を避けるために、早期に受診されることをお勧め致します。また、3~4ヶ月の期間で受診をしている方でも「今までとは何か違う」というようなお口の中の違和感があれば、すぐに歯科医院に相談しましょう。
インプラントは天然歯(自分の歯)のように、歯の中に神経がありません。したがって、炎症などが進んでいても自覚症状がでにくく、具体的な症状が出たときには治療が難しくなることがあります。これらの症状を未然に防ぐために、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けるようにしましょう。


>>歯科医院で行うメンテナンスとは?

記事監修

歯科衛生士 H.A
歯科衛生士として歯科医院にて2年間勤務。
歯周病治療をメインに担当し、審美歯科治療、インプラント、ホワイトニングなどの自費による治療も経験。

あわせて読みたい記事

メディア運用会社について

メディカルネット

株式会社メディカルネット(東証マザーズ上場)は、より良い歯科医療環境の実現を目指し、インターネットを活用したサービスの提供にとどまらず、歯科医療を取り巻く全ての需要に対して課題解決を行っています。

当サイト「インプラントネット」を通して生活者に有益な医療情報を歯科治療の「理解」と「普及」をテーマに、自分に最適な歯科医院についての情報や、歯の基礎知識、インプラントなどの専門治療の説明など、生活者にとって有益な情報の提供を目指しています。

インプラント歯科医院を探すなら「インプラントネット」

インプラント治療を行なっている歯科医院を、全国から簡単に検索できます。お近くのインプラント歯科医院をお探しの場合にもぜひご活用ください。

記事カテゴリ

①治療前にチェックしたい!インプラントの基礎知識

②安心してインプラント治療を進めるために

③インプラントとお金に関すること

④いろいろなインプラントの治療法

⑤インプラントの種類について

⑥インプラントと骨の関係性

⑧インプラントを長持ちさせるためのケア・メンテナンス

⑨インプラント治療に関わる専門家

記事監修

歯科医師 古川雄亮 先生
国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Natureに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。