インプラント治療にかかる費用【被せ物編】セラミックや金属などの特徴

インプラント治療後に仮歯を入れる場合があります。仮歯の費用は、目安として1本あたり10,000~30,000円程度です。人工歯にはセラミックや金属など種類がさまざまあり費用も異なります。それぞれの特徴や費用についてもご紹介します。仮歯や被せ物をもっと知りたい!という方必見です。

更新日:2019/09/25

インプラント治療にかかる費用【被せ物編】セラミックや金属などの特徴

■目次

  1. インプラント治療にかかる費用【被せ物編】
  2. インプラントに被せる歯の種類と費用一覧
  3. セラミックの被せ物
  4. オールジルコニアクラウン
  5. ジルコニアセラミッククラウン(オールセラミッククラウン)
  6. ハイブリッドセラミッククラウン
  7. 金属を使う被せ物
  8. メタルボンドクラウン
  9. 被せ物ではなくデンチャーを取り付ける
  10. インプラントの仮歯の費用は?
  11. インプラントに被せる上部構造のみんなのお悩みを集めてみました

インプラント治療にかかる費用【被せ物編】

インプラントの治療はさまざまな面で費用が発生してきます。医院側と費用に関してのトラブルにならないためにも、費用のことに関してしっかりと把握しておく必要があります。治療の各料金の中でも、人工歯の料金(インプラントに被せる歯や仮歯)に関しての費用を紹介いたします。
※下記はインプラント治療にかかる各料金です。

1. 初診・カウンセリングの料金
2. 診断や検査の料金
3. 外科手術の料金 (骨造成料金が発生する場合もある)
4. 人工歯の料金(インプラントに被せる歯や仮歯)
5. お薬やアフターケアの料金

インプラントに被せる歯の種類と費用一覧

インプラントは3つの構造に分かれています。一番上にくる部分の被せ物は、セラミック系のもの、金属を使用するものなど、さまざまな種類があります。
それぞれのメリットがあり、インプラント治療の費用を抑えることができたり、細かい部分まで自分の歯の色に合わせることができたり、自分にあった歯を選択することができます。

※医院によって異なる場合があります。

セラミックの被せ物

オールジルコニアクラウン

全てジルコニアという素材のセラミックを使用した被せ物です。ジルコニアには強度があるので、欠ける、割れるといったリスクが低くなる傾向があり、奥歯に適しています。しかし、ほかのセラミックに比べて光沢が強く、審美性がやや劣るので、前歯にはあまり向いていません。

費用の目安:70,000~140,000円

ジルコニアセラミッククラウン(オールセラミッククラウン)

内側には強度が特徴のジルコニア、外側には審美性があるガラスセラミックなどの二重構造の被せ物です。強度、審美性ともに優れており、前歯・奥歯どちらにも適用しやすいです。しかし、ほかの被せ物にくらべて費用がかかる場合があります。

費用の目安:100,000~160,000円

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックとレジンが混ざっている素材であるハイブリッドセラミックを使用した被せ物です。
強度は高くありませんが審美性があり、費用もほかの被せ物に比べて抑えることができます。こちらはレジンが混ざっていないセラミックに比べて審美性は劣ります。

費用の目安:50,000~80,000円

金属を使う被せ物

金合金でできている被せ物です。審美性はありませんが、金は柔らかい性質があるため適合性があります。また、生体親和が良く、天然歯に近い硬さを持ち、金属アレルギーが起こりにくいです。

費用の目安:70,000~120,000円

メタルボンドクラウン

内側に金属(ゴールドや、チタン、銀など)、外側にセラミックを焼き付けた被せ物です。強度も審美性も持たせることができ、費用もオールセラミッククラウンに比べて抑えられる場合があります。しかし、金属を内側に使用するので、金属色が歯茎に着色したり、歯茎が下がってくると金属部分が見えてきてしまう場合があります。

費用の目安:80,000~140,000円

被せ物ではなくデンチャーを取り付ける

All-on-4やAll-on-6などは御存じでしょうか?4本や6本のインプラント体を埋め入れ、その上に入れ歯を固定する治療方法です。
歯の喪失本数が多い方などに適しています。素材は土台となる部分と歯の部分で異なっており、土台はチタンやジルコニア、歯の部分はハイブリッドセラミックやレジンの人工歯などが適用されます。

費用の目安:
1,600,000~2,000,000円 (All-on-4)
2,000,000~2,400,000円 (All-on-6)


※ 土台や歯の組み合わせにより異なるため医院により変わってきます。

インプラントの仮歯の費用は?

インプラント治療を開始してから、埋め入れたインプラントに人工歯を接続するまでの間に、仮歯が必要となる場合があります。治療期間が短かったり、噛み合わせの調整が不要だったりする場合は、仮歯が不要となることもありますので、詳しくは歯科医師とご相談ください。

費用の目安:1本あたり10,000~30,000円

※ご自身の人工歯の費用を算出する場合には、「1本あたりの費用」×「失った歯の数の本数」 を目安にしましょう。

インプラントに被せる上部構造のみんなのお悩みを集めてみました

インプラントネットでは、インプラントの相談をボランティアドクターが回答しております。
その中からインプラントの被せ物についての相談と回答をご紹介いたします。「インプラントの被せ物についてもっと詳しく知りたい!」という方は参考にしてみてください。

■被せ物の材質について [50才 女性 会社員]からの相談
インプラントの手術を終えたが、上物が合わなく、3度作り直しています...続きを読む

■インプラントを考えています。 [35才 女性 ]からの相談
ボルトの上にかぶせる歯は金とセラミックどちらがいいのでしょうか?...続きを読む

■インプラントの歯をぶつけてしまいました [29才 女性 会社員]からの相談
インプラント部分を強打してしまい、鏡で確認すると少しかけています...続きを読む

あわせて読みたい記事

メディア運用会社について

メディカルネット

株式会社メディカルネット(東証マザーズ上場)は、より良い歯科医療環境の実現を目指し、インターネットを活用したサービスの提供にとどまらず、歯科医療を取り巻く全ての需要に対して課題解決を行っています。

当サイト「インプラントネット」を通して生活者に有益な医療情報を歯科治療の「理解」と「普及」をテーマに、自分に最適な歯科医院についての情報や、歯の基礎知識、インプラントなどの専門治療の説明など、生活者にとって有益な情報の提供を目指しています。

インプラント歯科医院を探すなら「インプラントネット」

インプラント治療を行なっている歯科医院を、全国から簡単に検索できます。お近くのインプラント歯科医院をお探しの場合にもぜひご活用ください。

記事カテゴリ

①治療前にチェックしたい!インプラントの基礎知識

②安心してインプラント治療を進めるために

③インプラントとお金に関すること

④いろいろなインプラントの治療法

⑤インプラントの種類について

⑥インプラントと骨の関係性

⑧インプラントを長持ちさせるためのケア・メンテナンス

⑨インプラント治療に関わる専門家

記事監修

歯科医師 古川雄亮 先生
国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Natureに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。