骨がやせていても埋入できる ― 傾斜埋入インプラント

インプラント総合サイトです。歯科インプラントに関する治療説明『傾斜埋入インプラント』についてご紹介します。歯を失ってお困りの方、入れ歯・ブリッジが合わない方は是非ご覧下さい。

更新日:2019/10/08

■目次

  1. 骨がやせていても埋入できる ― 傾斜埋入インプラント
  2. 傾斜埋入インプラントとは
  3. 傾斜埋入インプラントの症例
  4. 治療前と治療後(仮歯)
  5. 治療後(最終的な歯)と治療後(X線)

骨がやせていても埋入できる ― 傾斜埋入インプラント

傾斜埋入インプラント

重度の歯周病の場合など、抜歯後に欠損部を長期的にそのままにしていると、顎の骨は機能圧がかからないために、やせ細ってしまいます。
特に上顎では、奥歯の上に骨の空洞(上顎洞)が存在しますが、顎の骨が骨がやせ細ってしまうと上顎の骨と上顎洞との距離が薄くなってしまいます。
骨の高さや、骨の幅が充分に無い部位ではインプラントを固定することができないため、インプラント治療を行うことは困難です。

そんな場合に有効な治療法が、傾斜埋入インプラントです。

傾斜埋入インプラントとは

傾斜埋入インプラントとは、上顎洞を意図的に避け、骨が残存しているところにインプラントを斜め向きに埋入する方法です。

最近では、同じく上顎の骨が薄い場合の治療法である「上顎洞挙上術(サイナスリフト)」よりトレンドになりつつあります。(サイナスリフトは治療期間が長く、感染のリスクを伴うという面もあるため)
「上顎」の傾斜埋入インプラントと特に断ってはいませんが、上顎洞を意図的に避ける埋入法を一般的に「傾斜埋入インプラント」と呼びます。

■ 傾斜埋入インプラントのメリット
傾斜埋入インプラントは、通常埋入と同程度の治療になるので、骨造成(骨移植骨再生誘導、サイナスリフトも含む)などの手術と比べると患者様の体への刺激を少なくできます。
また、サイナスリフトの場合には約9ヶ月の治療期間が必要となりますが、この治癒期間が不要となるため、治療期間が大幅に短縮されます。
条件によってはインプラントを入れると同時に人工の歯を装着すること(即時インプラント)も可能です。

■ 傾斜埋入インプラントの条件
片足立ちできないため、複数本埋入が必要。
ノーベルバイオケア社のインプラントシステムを導入している歯科医院であること。
※傾斜埋入の角度を補正する角度つきマルチユニットアバットメント(複数の被せ物をスクリューで固定するための連結部分)はノーベルバイオケア社のみが発売しているため。

また、傾斜埋入インプラントの手術は難易度が高いため、適切な位置に傾斜させて埋入するためには、しっかりとした術前の診査と歯科医師の技術力が必要です。

治療前

治療後

傾斜埋入インプラントの症例

傾斜埋入インプラントの症例

右上臼歯部の残存骨は5mm程度で、通常はサイナスリフトを行わないとインプラントは埋入できません。

インプラント2本を意図的に傾斜埋入。角度付のアバットメントで角度を補正し、テンポラリーシリンダー(仮歯を製作する際に使用するアバットメント)と仮歯を装着。インプラントの先端をお口の上壁部にふっているので、インプラントは天然歯の歯根とは接触していません。

治療前と治療後(仮歯)
治療前と治療後(仮歯)

骨が薄くなってしまっている場合でも、傾斜埋入をすることで大きな手術をすることなくインプラントを埋入することができました。

治療後(最終的な歯)と治療後(X線)

最終的な被せ物(人工歯)を装着した状態の写真です。
術後一年以上の経過を見ておりますが、良好な状態を保っています。

記事提供

あわせて読みたい記事

メディア運用会社について

メディカルネット

株式会社メディカルネット(東証マザーズ上場)は、より良い歯科医療環境の実現を目指し、インターネットを活用したサービスの提供にとどまらず、歯科医療を取り巻く全ての需要に対して課題解決を行っています。

当サイト「インプラントネット」を通して生活者に有益な医療情報を歯科治療の「理解」と「普及」をテーマに、自分に最適な歯科医院についての情報や、歯の基礎知識、インプラントなどの専門治療の説明など、生活者にとって有益な情報の提供を目指しています。

インプラント歯科医院を探すなら「インプラントネット」

インプラント治療を行なっている歯科医院を、全国から簡単に検索できます。お近くのインプラント歯科医院をお探しの場合にもぜひご活用ください。

記事カテゴリ

①治療前にチェックしたい!インプラントの基礎知識

②安心してインプラント治療を進めるために

③インプラントとお金に関すること

④いろいろなインプラントの治療法

⑤インプラントの種類について

⑥インプラントと骨の関係性

⑧インプラントを長持ちさせるためのケア・メンテナンス

⑨インプラント治療に関わる専門家

記事監修

歯科医師 古川雄亮 先生
国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Natureに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。