【2022年01月】北海道のおすすめインプラント歯科医院ランキング

インプラントネットでは医院紹介ページのアクセス数や予約数、相談件数、患者の口コミ評価など複数の評価基準から、独自に集計した北海道の歯科医院おすすめランキングを毎月発表しています。おすすめランキングなら、安心して手術が受けられる歯科医院を見つけることができます。インプラント治療や歯の痛み・歯周病でお悩みの方は、まずはネット予約をして、無料相談を受けてみましょう。 >>評価基準について

インプラントのよくあるQ&A

Q1:インプラントの治療費はどれぐらい?

A1:インプラント治療の場合、その治療の種類や埋め込むインプラントの本数で治療費は変わってきます。

インプラント治療を必要とする方は1本だけ歯を失ったケースもあれば、すべての歯が無い方など個人差があります。
1本だけ治療が必要な場合はその部分だけインプラントを埋め込むことで治療は完了できますし、隣り合った歯を数本(2~3本程度)失った場合などは一番外側の部分に2本のインプラントを埋め込み、 ブリッジ治療を行うのと同じように補えます。

全ての歯を失った場合であれば1本ずつすべてインプラントを埋め込むのでは、手術による身体・金銭共に負担が大きいため、All-on-4などの選択肢も考えられます。

インプラント治療の費用に影響する要因は次のようなものが考えられます。
・使用するインプラントのメーカーの違い
・インプラント治療を行うための設備の違い
・歯科医師の手術の技術料
・被せ物の違い
・保証の有無

先ほど挙げた治療法の違いのほか、こういった要素も踏まえて治療費用は変わってきますが、目安としてはインプラント1本あたり400,000~500,000円程度を考えてみてください。
ただこの金額は、あくまで目安ですので、実際に歯科医院で提示される金額とは異なります。(メディカルネット調べ)

Q2:インプラント差し歯の違いは何?

A2:インプラントは人工歯根で失った歯を補う治療で、差し歯は残っている歯の根を土台とする治療です。

インプラントと差し歯の違いは一般的には分かりにくいかもしれませんが、その大きな違いとしては、インプラント治療の場合は必ず外科手術がその治療の特徴として必要になる点が挙げられます。
差し歯の場合は患者様自身の歯の根が残っているので外科手術は必要ありません。通常の歯科治療同様に治療を受けることができます。

ただ、共通する点としては、どちらも人工歯部分に使用する素材や作り方次第で、天然歯とも呼ばれる自然な歯に近づけることも、より白い歯を目指すこともできる治療です。

Q3:インプラント治療は医療費控除の申請ができる?

A3:可能です。確定申告時に申請をすることをお勧めします。

インプラント治療は自費診療ですが、医療費控除の申請は可能です。
1年間に100,000円以上が医療費の支払いにかかった場合、一定額の所得控除を受けられる制度が医療費控除です。
これはインプラント治療が失った歯の機能を補うことを目的としている治療だからです。
・その年の1月1日~12月31日までの医療費
・1年間の医療費の合計が100,000円以上
・ご自身および生計をともにする家族のために支払った医療費

ご自身が受けられたインプラント治療が、上記の条件をみたしている場合は制度を利用することで、治療にかかった費用の負担が少し軽減できます。

また、2021年7月時点の現在は確定申告の申告・納付期限延長措置が取られています。こういったケースもあるので、申請を希望する場合は国税庁のHPを確認してみてください。

Q4:手術で痛みがあるのが怖いです。インプラント治療も痛みがありますか?

A4:手術中は麻酔を使用するので痛みに配慮して治療を受けられます。

インプラント治療は必ず外科手術が必要になり、当然その手術中は通常の歯科治療と同じように麻酔を使用します。
だから、実際の手術中の痛みについては心配せず治療を受けてください。ただ、どうしても痛みが気になる方には、 歯科医院によっては静脈鎮静法を併用してインプラント手術を受けられる歯科医院もあるのでポータルサイトやHPで探すか、 治療を受けようと考えている歯科医院がある場合はカウンセリング時に確認してみてください。

ただ、手術時は痛みが出なくても、手術後には痛みが出る場合があります。
これはどうしても、手術によって傷ができるため避けるのは難しい痛みかもしれませんが、ずっと続くものではなく、傷が癒えてくることで落ち着いてくるものです。
必要な場合は鎮痛剤などを処方してもらうこともできます。

どうしても痛みが長く続き、収まらないような場合は別の要因があるかもしれないので、インプラント治療を受けた歯科医院で診断してもらってください。

Q5:インプラントは入れ歯やブリッジよりメリットがあるの?

A5:感じ方には個人差がありますが、十分にメリットが考えられる治療です。

インプラント治療が入れ歯やブリッジと異なる点として次のようなものがあります。
・人工歯根(インプラント体)を埋め込むことで天然に歯に近い噛み心地を得られる
・外科処置が必要だが、安定すればずれなどの心配をしなくていい
・健康な歯が周囲に残っている場合負担をかけずに歯を補える
・自然な見た目の仕上がりを目指せる
・入れ歯のように取り外して洗浄をする必要がない

こういったインプラントの特徴をメリットだと感じられる場合は、患者様にとってインプラント治療がメリットのある治療だといえます。
ただ、外科手術が必要であること、公的医療保険が適用されないなどデメリットとなる部分もある治療です。

ご自身にとって何がメリット・デメリットになるかをしっかりと考え、納得できる選択ができることも、インプラントが自由診療の治療だからかもしれません。