【2022年01月】栃木県のおすすめインプラント歯科医院ランキング

インプラントネットでは医院紹介ページのアクセス数や予約数、相談件数、患者の口コミ評価など複数の評価基準から、独自に集計した栃木県の歯科医院おすすめランキングを毎月発表しています。おすすめランキングなら、安心して手術が受けられる歯科医院を見つけることができます。インプラント治療や歯の痛み・歯周病でお悩みの方は、まずはネット予約をして、無料相談を受けてみましょう。 >>評価基準について

インプラントのよくあるQ&A

Q1:インプラント治療にかかる費用はどれくらい?

A1:インプラントの治療内容やメーカーによって費用は変わります。

インプラント治療は基本的に公的医療保険が適用されない自由診療、歯科医院によって価格設定が異なります。価格要因は様々あります。

また、費用の相場には地域によっても異なります。インプラント1本あたりをみると、全国的には400,000円~500,000円。首都圏や都市部では350,000円~550,000円といわれています。

【インプラントの値段に影響される主な要因】
・インプラントのメーカーによって
・オペ室などインプラント治療を行う設備によって
・歯科医師の手術の技術料
・インプラントに被せる人工歯の違い
・治療後の保証の有無
・使用する麻酔の種類
・地域によって など

このほか、治療内容によっても大きく違います。

顎の骨が足りない場合は「骨を増やす手術」、多くの歯を失った場合は「オールオンフォー」など、お口の状態によって必要な治療が変わることで別途費用がかかります。

※あくまでも費用の目安であり、実際の金額を保証するものではありません(メディカルネット調べ)

Q2:インプラントと差し歯は何がちがうの?

A2:インプラントは歯を失ったら行う治療、差し歯は残っている根っこに義歯を差し込む治療です。

インプラントと差し歯の治療は同じ咀嚼機能を改善させるための治療で、治療後の見た目も一見すると違いが分かりにくいかもしれません。
2つの大きな違いは、「歯を失った後」に行うか、「歯を完全に失う前」に行うかです。

まずインプラント治療は、歯の根本から失ったところにフィクスチャーという人工歯根を埋め入れ、骨と結合させた上に人工歯を被せます。

対して差し歯は、残っている歯の根っこや歯の一部に人工歯を差し込みます。
差し歯は使用する素材などによって公的医療保険か自由診療かが異なります。

保険はプラスチック製の「硬質レジン」、自由診療は「セラミック(陶器)」を選ぶことができます。費用、耐久性、審美性など、あらゆるメリット・デメリットを知り、自分にあった治療法を見つけるといいでしょう。

Q3:インプラントは医療費控除の対象になる?

A3:なります。確定申告を行いましょう。

医療費控除は「医療費が1年間に100,000円を超えると、納めた税金の一部が戻ってくる制度」です。インプラント治療も対象になるので、ぜひ活用しましょう。

【医療費控除の対象となる要件】
・その年の1月1日~12月31日までの医療費
・1年間の医療費の合計が100,000円以上
・ご自身および生計をともにする家族のために支払った医療費

【こんなケースもOK】
・治療費をクレジットカードや分割で支払った場合
・生計をともにする家族の通院に付添った際に生じた交通費

【申告する際の注意点】
・治療を受けた際は必ず明細書を保管しておきましょう。
・医療費控除の詳細は変更されることがあるため、最新の情報を確認しましょう。
・翌年の2月16日~3月15日の1ヵ月の間に確定申告を行いましょう。

※2021年8月時点、新型コロナウイルス感染症の影響により、申告・納付期限延長措置が取られています。

Q4:インプラントの手術、治療後に痛みは出?

A4:手術中は麻酔を使用します。手術後は痛みが出る方もいらっしゃいます。

インプラント治療を行うところは、歯や神経、粘膜など敏感な組織が密集しているため、痛みが出やすいともいえます。
そのため手術の際は麻酔を使用するので、基本的に術中は痛みを感じることはないでしょう。

手術後は麻酔が切れてから痛みが生じることがあるため、痛み止めや抗生物質が処方されます。痛みの出方は人それぞれで、多くのケースでは1週間ほどで治まるといわれています。
服用している間に痛みが治まることもあるようです。

【手術中・後の痛みがひどくならないために】
・処方された薬をただしく飲みましょう
・お口の中を清潔に保つようにしましょう
・柔らかい歯ブラシを使用して、できるだけ手術部位の周辺に刺激を与えないようにしましょう

【不自然な痛み】
・痛み止めを服用しても痛みが引かない
・1週間以上痛みが長く続く

上記のように痛みに変化がない場合は、早急にインプラント治療を受けた歯医者さんで診てもらってください。

Q5:インプラントのメリット・デメリットは知っておいた方がいいの?

A5:納得して治療を受けるために、しっかり把握しておきましょう。

インプラント治療のメリットでまず挙げられるのは、「残っている歯に負担をかけずにしっかり噛める」ことです。さらに「自然な見た目に調整できる」といった審美性に優れている特徴もあります。

しかし、治療にはもちろんデメリットもあります。

納得して治療を受けるために、メリットだけではなく、デメリットがあることもしっかり把握しておきましょう。

【主なメリット】
・人工歯根を骨に結合させるので、安定してしっかり噛める
・まわりの健康な歯を削ったり負担をかけたりしない
・人工歯の見た目を調整できるので、審美性に優れている
・入れ歯のように取り外して毎日お手入れする必要がない

【主なデメリット】
・公的医療保険が適用されず、費用が高額になる
・外科手術が必要
・手術の際に、感染や神経の損傷のリスクなどのリスクがある
・治療期間が長期にわたる
・手術後も健康な状態を長く保つために継続的なメンテナンスが必須

【そのほかの留意点】
・顎の骨が足りない場合は追加の処置が必要になる
・基礎疾患や口腔環境などによってインプラント治療を行えない場合がある