【2022年07月】神奈川県のおすすめインプラント歯科医院ランキング

インプラントネットでは医院紹介ページのアクセス数や予約数、相談件数、患者の口コミ評価など複数の評価基準から、独自に集計した神奈川県の歯科医院おすすめランキングを毎月発表しています。おすすめランキングなら、安心して手術が受けられる歯科医院を見つけることができます。インプラント治療や歯の痛み・歯周病でお悩みの方は、まずはネット予約をして、無料相談を受けてみましょう。 >>評価基準について

インプラントのよくあるQ&A

インプラントっていくらぐらい?治療費を知りたい

A1:自費診療であるインプラント治療は歯科医院によってもその治療費は変わってきます。 ただ、目安とできるものとして、治療を受けたい歯の本数があります。
これはインプラント治療では顎骨に埋め込むインプラントの本数で治療費が変わってくる傾向があるからです。

だいたいの目安としては1本あたり400,000~500,000円程度を考えてみてください。
ただ、インプラント治療の中にはAll-on-4と呼ばれるような治療法もあり、これは片顎分すべての歯を失った場合に、最低4本のインプラントで、片顎分の人工歯を支える治療法です。

この治療法の場合は、インプラントを埋め込む本数が抑えられるので、失った歯の本数に対して、治療費が抑えることができます。

【インプラント治療の費用に影響する要因】
・使用するインプラントのメーカーの違い
・インプラント治療を行うための設備の違い
・歯科医師の手術の技術料
・被せ物の違い
・保証の有無

これらの要因などもインプラント治療費の金額には影響する要素なので、しっかりとカウンセリングなどで歯科医院に確認を取ると良いかと思います。

Q2:インプラント差し歯の違いは何?

A2:ご自身の歯が残っているか、残っていないかというのが大きな違いです。
インプラント治療は人工歯根を歯茎に埋め込み、失ってしまった歯の機能回復を目指す治療法です。
そのため、インプラント治療を受ける場合は、治療部分に歯が残っている場合は抜歯が必要ですし、外科的な処置も必要になります。

一方で差し歯は歯の根の部分が残った状態の歯の根に、コアと呼ばれる部分を取り付け、人工歯を被せます。
人工歯の素材を気にしないのであれば、公的医療保険の適用範囲で差し歯を造れるため、患者様の負担も軽減できます。
ただ、審美的に配慮したものにしたい場合は、自費診療としても治療を受けられます。

ご自身の歯の状態や、ご希望に合わせて治療法を選択してみてください。

Q3:医療費控除はインプラント治療でも申請できる?

A3:インプラント治療も医療費控除を申請していただけます。
ぜひ、インプラント治療を受けた場合は確定申告を申請してみてください。

医療費控除を申請できる条件は次のようなものになります
・その年の1月1日~12月31日までの医療費
・1年間の医療費の合計が100,000円以上
・ご自身および生計をともにする家族のために支払った医療費

ただ、もし医療費控除を受けられるのを知らなかったなどで申請をしていなかった場合も、5年以内であれば申請が可能なので、うまく制度を利用してみてください。

Q4:インプラント手術は痛みがありますか?

A4:手術中は麻酔を使って行うので痛みは感じにくい状態になっています。
また、歯科医院によっては静脈鎮静法と呼ばれる、鎮静剤を点滴で行う方法を併用することができる場合があります。
詳しくは歯科医院によって変わってくるので、相談時にご確認ください。

ただ、手術後は麻酔が切れると痛みが出てくる場合があります。
そういった場合は鎮痛剤などを服用すると良いかと思います。心配な場合はインプラント手術を受ける歯科医院で、鎮痛剤を処方してもらうと良いかもしれません。
インプラント手術後の痛みは、傷が治癒してくればだんだんと落ち着いてくるはずです。

しかし、痛みが何日も収まっていく気配が無い、日ごとに強くなるなど不安に感じるような場合は、何かしら手術ヵ所に問題が出ている場合もあります。
気になる場合はインプラント手術を受けた歯科医院に連絡し、診断してもらうことも大切になってきます。

Q5:インプラント治療のメリットは?入れ歯やブリッジと何が違う?

A5:メリット・デメリットと感じるものには個人差はあるとは思いますが、一般的にインプラント治療では次のような点が考えられます。

【メリット】
・残っている健康な歯に負担がかからない
・両隣の歯を削る必要がない
・見た面が自然
・入れ歯のように取り外す必要がない

【デメリット】
・費用が高額(公的医療保険適用外のため)
・外科手術が必要
・手術のリスク(感染や神経の損傷のリスクなど)
・治療期間が長くなる
・治療後は継続的なメンテナンスが必須

治療費用は、公的医療保険が適用されるブリッジや入れ歯の方が抑えることができますが、インプラント治療は自分自身の健康的な歯を守ることができるなどのメリットがあります。
どの治療法を選択するかをしっかりと歯科医院で話を聞くなどして、最終的に決めていくことも大切です。