ここさん(東京都)の相談

カテゴリ:その他

20数年前に右下奥歯を2本抜きました。多分虫歯だったのかと思いますが定かではありません。ブリッジを2回ほど作ったのですがうまく噛めずにあまり使っていませんでした。
今回思い切ってインプラントの手術を受けましたが骨がスカスカだったので人工の骨に変わるものを入れ土台を埋め込みました。3ヶ月後位に骨の様子を見て歯を入れるとの事です。健康な骨と同じような状態になるのか心配です。
どうかご回答をお願いいたします。

ここ様

ご相談ありがとうございます。 

ご質問内容のポイントをまとめると、\伴紊聞を強化する手術をされた3ヵ月後にかぶせ物をいれる予定7覯姪にしっかり噛めるのか心配
ということになろうかと思います。それでは、それぞれについて回答させていただきます。

.好スカと表現されていらっしゃるので骨の質が軟らかいのだと思います。このように骨の質が柔らかい場合は、下顎の場合でもインプラントの土台部分と骨が結合するために長めの時間を置いたほうが良いようです。
また、人工の骨に変わるものというのは、GBRという、骨を造成する手術をされたのだと思います。GBRをしているということは、骨の量も足りなかっということでしょう。
GBRという手術自体はインプラント手術には頻繁に付加される一般的なものです。

3ヵ月後というのが、埋め込み手術からの時間としてどの程度なのかは定かではありませんが、骨の質、量ともに不足しているようですので、埋め込み手術をしてから6ヶ月程度は養生期間をおくのが一般的ではないかと考えます。
なぜならば、養生期間をあまり短くしてしまうと、土台と骨との結合力がまだ不十分なので、その後の治療がうまく進まなくなってしまうからです。
ただし、最新のGBRに使う素材はかなり早く強い骨に変わっていきますので、そういう素材を使っていればもっと短くても良いかもしれません。
何れにせよ、骨とインプラントの土台が、どの程度しっかり結合しているのかを調べる器械もありますので、主治医の先生が、X線写真、CTなどと総合的に診断して、客観的に歯をいれることができると判断されるのではないでしょうか。

7り返しになりますが、土台とそのまわりの骨が問題のないレベルで結合していれば、かぶせものの人工歯を安心して装着できます。勿論、噛みあわせをしっかり考慮して作られた人工歯が装着されれば、なんでもしっかり噛めるはずです。食事も楽しくなります。
そこまで行けば、後は、日々の適切な歯磨きと定期的なメンテナンスのための通院を欠かさずに行いましょう。
それによって、インプラントの持ちが違ってくるからです。

医療法人社団インペリオクリニック
理事長 新福泰弘



相談を投稿する

専門家が教える歯科インプラントのすべて