TOP

Q 持病があってもインプラントはできる?

私は糖尿病予備軍で肥満と診断されてしまいました。
歯がないのに治療せず偏りのある食生活になってしまったことが原因だと反省中です。これ以上悪化させないために、まずは歯の治療をしようと思ってます。
私でもインプラント治療を受けることができるのでしょうか?
糖尿病に関わらず「持病があってもインプラント治療はできるのか」という相談はよく見受けられます。
結論から申し上げますと、持病の種類や症状によってインプラント治療ができる場合もあれば、できない場合もあります。
病気ごとに解説しますね。
よろしくお願いします。

更新日:2022/1/25

インプラント治療ができない病気、疾患ってどんなもの?

病気の種類や症状によってインプラント治療ができないこともあるんですか?
はい。残念ながらインプラント治療を受けられない場合もあります。代表的な病気をまとめましたので一緒に見ていきましょう。

糖尿病

血糖値のコントロールができていない方はインプラント治療を受けることは難しいでしょう。糖尿病にかかったことにより免疫力が低下すると、骨がもろくなりやすくなります。

しかし、血糖値のコントロールができていれば糖尿病の方もインプラント治療が可能だといえます。
糖尿病の方がインプラント治療を受けることができる目安として、

・血糖値のコントロールができている(HbA1cが6.9%以下である)
・空腹時の血糖時が180(mg/dl)以下である
・口腔内の清掃が行えている

上記が挙げられます。
(参考:インプラント治療は糖尿病でもできる。血糖値のコントロールがカギ

血糖値がコントロールできていて、口の中を清潔に保つことができれば私もインプラント治療をできるかもしれないんですね。
そうですね。そして、糖尿病の治療の為に服用している薬や症状を、歯科医師の先生としっかり情報共有しなければいけないのも大切なポイントといえます。

骨粗鬆症

骨粗鬆症の治療をしていた時期や期間、服用していた薬の種類によっては治療期間が長引く可能性はありますがインプラント治療を受けられる場合がありますので相談してみるとよいでしょう。

ただし、ビスフォスフォネート系薬剤を服用している場合は注意しなければいけません。ビスフォスフォネート系薬剤は骨粗鬆症の治療によく使用される薬ですが、炎症がひどくなったり、顎の骨が壊死してしまうといった報告がされています。

心疾患(心臓病)

心筋梗塞や狭心症の方で、狭心発作が増えてきた方はインプラント治療を受けることは難しいかもしれません。

血液をサラサラにする薬を服用している方はインプラントを埋め込む手術中の出血が止まりにくくなりますが、適切な止血処理を行うことで問題なく治療を受けられるでしょう。

心臓弁膜症で人工弁置換術を受けた方や不整脈でペースメーカを入れている方は、主治医の先生とインプラント手術を行う歯科医師がしっかり連携して慎重にインプラント手術を行う必要があります。

肝疾患

肝硬変や、重度の肝臓病の方は、肝機能障害の影響でインプラント手術中や手術後に血が止まらなくなる可能性があります。

また、インプラント手術前後に服用する薬によって、肝機能をさらに低下させることもありますので、インプラント治療を受けることは難しい可能性があります。

高血圧

高血圧の方がインプラント治療を受ける際のリスクとして、手術に対する不安や緊張による血圧の上昇が挙げられます。

普段から高血圧の薬を服用している場合、指示通り服用していない方はインプラント治療を受けられないことがあります。

抗菌薬や鎮痛薬を処方された場合、高血圧症の薬の効果が下がって腎臓などに影響が出ることがありますので、注意が必要です。

このように症状の重さや持病の治療時期、服用している薬の種類によってインプラント治療ができる・できないが変わってきます。
病気の治療を担当している主治医の先生と、歯科医師がしっかり連携できていること、患者さん自身がしっかり病気と向き合い治療ができているかも大切になるんです。
なので、持病を抱えている方はどんな病気の治療をしているのか、かかりつけの病院はどこかなどの詳細を歯科医師に伝え、少しでもリスクを抑えられるようにしましょう。
なるほど。自分がかかっている病気を理解し、治療を行っていればインプラント治療を受けられる可能性があるんですね。

インプラント治療以外の選択肢も考慮

インプラント治療ができないと判断された場合でも、すぐに「インプラントができないから歯の治療は諦める」ことはありません。
お口の状態に合わせて、ブリッジや入れ歯を入れることでお口の機能回復をはかることができます。

インプラント治療は基本的に自由(自費)診療ですが、ブリッジや入れ歯は保険診療で作ることができるということもポイントになります。
より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
>>インプラントとブリッジ・入れ歯の違いは?

ブリッジ

失った歯の両隣にある歯を削って土台にして被せ物を作り固定します。

入れ歯

残っている歯にバネをかけて入れ歯を支えます。取り外しが可能です。

いろんな治療の選択肢がありますね。私の口の中はどんな治療が向いているのか、インプラント以外の治療方法もしっかり調べて、まずは歯がない状態をなんとかしようと思います。
そして健康のために栄養バランスの摂れた食生活を取り戻していきたいです。

メディア運用会社について

メディカルネット

株式会社メディカルネット(東証マザーズ上場)は、より良い歯科医療環境の実現を目指し、インターネットを活用したサービスの提供にとどまらず、歯科医療を取り巻く全ての需要に対して課題解決を行っています。

当サイト「インプラントネット」を通して生活者に有益な医療情報を歯科治療の「理解」と「普及」をテーマに、自分に最適な歯科医院についての情報や、歯の基礎知識、インプラントなどの専門治療の説明など、生活者にとって有益な情報の提供を目指しています。

インプラント歯科医院を探すなら「インプラントネット」

インプラント治療を行なっている歯科医院を、全国から簡単に検索できます。お近くのインプラント歯科医院をお探しの場合にもぜひご活用ください。

歯科記事監修

  • 歯科医師 古川雄亮 先生

    歯科医師 古川雄亮 先生

    国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。