TOP

Q 転勤で引っ越しが決まった。転院して治療を続けられる?

困った困った。突然静岡市への転勤を言い渡されたけどインプラント治療中なんだ。今の歯医者に通うのも難しいから転院した方がいいのか不安だよ。
それは大変だ。じゃあ転院の準備をしないといけないね。
何をすればいいんだい?
紹介状を書いてもらったり、引っ越し先で歯医者さんを見つけたりする必要があるよ。
なるほど。
まず、かかりつけの歯医者さんに事情を説明して転院について相談してみよう!

インプラント治療は長期にわたるため治療中に生活環境が変わり、引っ越しを余儀なくされることもあるかと思います。

手術を控えている場合は、車や交通機関で通える範囲であれば、できるだけ同じ歯科医院に通い続けることが好ましいです。

遠方でどうしても通い続けることが難しい方は、治療を受けている歯科医院に転院の相談をしましょう。手術を終えた場合でも、メインテナンスのために転居先でかかりつけ医を見つけるといいでしょう。

更新日:2022/1/27

スムーズに治療を再開するために必要なこと

紹介状(診療情報提供書)を書いてもらう

紹介状は診療情報提供書といい、現在の担当医が患者さんを別の病院に紹介する際に用意する書類です。
紹介状には、「氏名・年齢」「これまで行った治療や経過状況」「基礎疾患」など、その患者さんの治療を行うのに必要な情報が記載されます。

転院が決まったら、治療を受けている担当医に紹介状(診療情報提供書)を書いてもらってください。
すでに転院先が決まっている場合は、指定の歯科医院宛てに書いてもらいましょう。

加入している保証内容について確認する

インプラント治療は基本的に公的医療保険が適用されないため、歯科医院独自や民間の保証制度を設けていることがあります。
この保証に加入している場合は、継続可能かどうか契約内容を改めて確認しましょう。

歯科医院選びについてアドバイスをもらう

転院の相談をする際、歯科医院を選ぶ上でアドバイスを聞くのも転居先でスムーズに治療を再開するポイントです。

系列医院や提携している医院があるか確認する

転居先の地域に通院している歯科医院と同じ系列医院や、提携医院があることもあります。その場合は、担当医に転院が可能か相談してみましょう。
もし現在通院している歯科医院で保証制度に加入した場合は、保証内容を確認をすることをお勧めします。

転院先の担当医にこれまでの治療経緯を伝える

転院先が決まったら、新しい担当医にこれまでの治療の経緯をできるだけ詳しく伝えましょう。
治療経緯や現在の歯の状態のほか、ご自身の基礎疾患を伝えることも大切です。


治療途中でもスムーズに転院できるよう、引っ越しが決まったら早めにかかりつけ医に相談して、しっかり準備を進めましょう。

メディア運用会社について

メディカルネット

株式会社メディカルネット(東証マザーズ上場)は、より良い歯科医療環境の実現を目指し、インターネットを活用したサービスの提供にとどまらず、歯科医療を取り巻く全ての需要に対して課題解決を行っています。

当サイト「インプラントネット」を通して生活者に有益な医療情報を歯科治療の「理解」と「普及」をテーマに、自分に最適な歯科医院についての情報や、歯の基礎知識、インプラントなどの専門治療の説明など、生活者にとって有益な情報の提供を目指しています。

インプラント歯科医院を探すなら「インプラントネット」

インプラント治療を行なっている歯科医院を、全国から簡単に検索できます。お近くのインプラント歯科医院をお探しの場合にもぜひご活用ください。

歯科記事監修

  • 歯科医師 古川雄亮 先生

    歯科医師 古川雄亮 先生

    国立大学歯学部卒業後、大学院において歯のエナメル質の形成に関わる遺伝子研究を行い、アジア諸国で口腔衛生に関連する国際歯科活動にも従事した。歯学博士修了後、南米の外来・訪問歯科診療に参加した。 2019年10月10日Nature系のジャーナルに研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」を公開。