【2022年01月】東京都のおすすめインプラント歯科医院ランキング

インプラントネットでは医院紹介ページのアクセス数や予約数、相談件数、患者の口コミ評価など複数の評価基準から、独自に集計した東京都の歯科医院おすすめランキングを毎月発表しています。おすすめランキングなら、安心して手術が受けられる歯科医院を見つけることができます。インプラント治療や歯の痛み・歯周病でお悩みの方は、まずはネット予約をして、無料相談を受けてみましょう。 >>評価基準について

インプラントのよくあるQ&A

Q1:インプラント治療費はどれぐらい?

A1:治療に必要なインプラントの本数や、治療法によって金額は異なりますが、目安としては1本あたり400,000~500,000円程度となります。

インプラント治療の場合は、インプラント1本あたりの費用に加えて、上部構造(人工歯)の価格・骨造成が必要な場合の追加費用など複数の要素が関わって最終的な価格が決まってきます。

インプラント自体も、対象となる本数が多くなる場合は、本数を抑えることで金銭的な部分だけでなく、身体に負担もかかりにくい治療法を歯科医院から提案される場合もあります。

実際にどんな治療の選択肢があるかなどは、歯科医院でのカウンセリングや、検査結果などから決まってきますので、治療が気になっているけれど、 費用面で心配がある場合なども、まずはインプラント治療に対応している歯科医院で確認をしてみるといいかと思います。

Q2:インプラントと差し歯って何が違うの?

A2:インプラントの場合は歯を完全に失った状態、差し歯の場合はまだ歯根は残っている場合に適用される治療です。

インプラントが適用できるケースでは、入れ歯やブリッジという治療の選択肢も考えられますが、しっかりと歯根に該当する部分も補って、歯の機能回復を目指したい場合はインプラントを選択する必要があります。

ただ、この歯根部分まで回復する関係上、外科手術は避けられません。

一方、差し歯では外科処置は必要なく、人工歯の素材にこだわりが無い場合は、公的医療保険の範囲で治療を受けられる特徴もあります。

Q3:医療費控除ってインプラントも受けられる?

A3:インプラント治療でかかった費用などが、医療費控除が受けられる条件を満たしている場合は申請可能です。

医療費控除には次のような条件があります。

【医療費控除の条件】
・その年の1月1日~12月31日までの医療費
・1年間の医療費の合計が100,000円以上
・ご自身および生計をともにする家族のために支払った医療費

これらに該当する場合は、医療費控除の申請を行うことで、還付金として一部金額が戻ってきます。

また、該当の年に申請を忘れてしまった、申請できるのを知らなかったという場合も、5年間は遡って申請ができます。 気が付いた段階で準備をし、確定申告での申請を忘れないようにすると良いかと思います。

Q4:インプラントは痛みを感じますか?

A4:痛みは個人差がありますが、手術後に痛みが出る方がいます。

これはインプラント治療が外科手術を伴う治療になるため、避けるのは難しい痛みです。

痛みの原因として主なものとしては、次のような要素があります。

・手術を行ったことによる痛み
・骨を増やす手術を行った場合に生じる痛み
・抜糸を行ったときに生じる痛み

痛みが出てしまった場合などは、インプラント治療を受ける歯科医院で痛み止めが処方されるかと思いますので我慢せずに飲んでください。

Q5:インプラントのメリット・デメリットはある?

A5:メリット・デメリットと考える要素に個人差はあると思いますが、インプラント治療でもそういえるものはあります。

失った歯の機能回復に繋がり、しっかりと噛むことができるようになるインプラント治療ですが、その反面外科手術は必ず必要になり、それに伴うリスクが考えられます。
ただ、その代わりに、ほかの健康な歯への負担がかからないため、残った歯の寿命を治療が理由で削ることはありません。

また、公的医療保険が適用できないため、治療費が高額になってしまいますが、見た目の面でも審美的に配慮した治療を受けられます。
入れ歯のように取り外しする必要はなく、日々のケアが行えることもメリットになるかと思います。

治療においてのメリットとデメリットはワンセットになるような側面もあるので、治療を受けるにあたって、どちらもしっかり理解しておくことが重要です。 治療の満足度向上にも繋がると思いますので、気になることがあれば、歯科医院でしっかりと事前確認してみてください。